Rokutaro Nakade 中出六太郎 A5 1969年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

キズはやや多めながら反応が良く深みの有る音色が美しい六太郎氏の秀作!!

日本のクラシック・ギター製作の草分け的存在でもある中出ファミリー。大家と呼ばれる中出阪蔵を実兄に持つ六太郎氏も、当初は阪蔵氏に弟子入りし修行していたそうですがやがて独立。本格的なクラシック・ギター奏者の間では残念ながら阪蔵氏ほどの評価は受けていないようですが、逆にポピュラー奏者やジャズ奏者達からは「弾き易く音の良いギター」として高い評価を受けています。今回入荷は1969年に制作されたA5。キズはやや多めですが、弾くための楽器としてはきっちり調整が行き届いたプレイヤビリティー抜群の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測52mmナット、650mmスケール。比較的薄めのネックで、ハイフレットの方まであまり厚みが変わらないので、初心者の方や普段アコやエレキがメインの方にも扱いやすいギターかと思います!

サウンドは非常に良く鳴っています!それなりに使い込まれた感があるだけあって、箱全体の反応が良く、奥行きの有る立体的なサウンドを響かせます。たっぷりと余裕のある中低域に、艶のある高音が絡み、ハイからローまでバランスよく発音されます。軽いタッチでも素直に反応してくれますので、弾き手のピッキング・ニュアンスを正確に音に替えてくれるような心地よいサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、小キズはそこそこ点在していますので、極美品とは言えませんが、年式から考えればまあ当然のキズの入り具合で、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。全体的に細かい打痕や擦り傷、経年感などもありますが、遠目からでも派手に目立つようなキズやダメージはありません。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3.6mm、1弦側3.0mm程度とガット・ギターとしてはやや低めのセッティングですので、普段アコがメインの方や初心者の方にも弾き易い弦高設定になっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットも特に気になるような凹みも無く、充分な高さが残っています。

この値段で買えるガット・ギターとしては間違いなく上等なサウンドとプレイヤビリティーの1本かと思います!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。