Matsuoka Ryoji M-60 USED
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

アコギ弾きにも扱いやすいマツオカのクラシック・ギター!!

初心者から中級者向けの良質なクラシック・ギターを生産することで広く知られる松岡良治ギター。安定したクオリティーとプレイヤビリティーで、日本製のクラシック・ギターとしては恐らく一番多く普及しているギター・メーカーじゃないかと思います。今回入荷はそんな松岡良治ギターのM-60。ネック・ブロックに840806というスタンプが押されているので、恐らく84年製じゃないかと思いますが、見た感じはもっと古く見えます。

シダー単板TOP、ハカランダ合板SIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板、ブリッジは恐らくハカランダ、実測52.3mmナット、650mmスケール。

サウンドは、かなり弾き込まれているだけあって、思いの外ふくよかで深みのあるサウンド!SIDE&BACK合板の音の粒の粗さはあまり感じられず、しっかりと芯のあるサウンドを奏でます。本格的なクラシック奏者には物足りないかも知れませんが、初心者用のエントリー・モデルとしては充分すぎるくらいのサウンド・クオリティーかと思います。また、普段はアコギやエレキがメインの方で、たまにガットの音が欲しいなんて考えている方にもばっちりフィットするサウンドとプライスかと思います!

楽器のコンディションは、かなりがっつり使い込まれたキズや経年感が有ります。ピックを使って弾いていたのか、1弦側のサウンドホール脇はピッキングに因り塗装が剥がれかかっている箇所が見られます。その他にも当てキズや擦り傷など多数ありますので、美品コンディションでお探しの方には不向きですが、このキズあってこその、このサウンドという気もします。ペグの操作性には問題ありません。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3.2mm、1弦側2.8mm程度と、クラシック・ギターとしてはやや低めのセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りは無く、充分な高さが残っています。

その辺に転がしてい置いてもタフに使えるジャパン・メイド!初心者の方のエントリー・モデルとして、アコギ弾きやエレキ弾きの方のガット・サウンド用としてもオススメの使い勝手の良い1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:21725