Antonio Sanchez Estudio-1 Ceder 2013年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ちょいと白濁有りの為、驚きの衝撃プライスで放出!!A.サンチェス・エステューディオ-1!!

スペイン、ヴァレンシアの都市バテルナの工房で生産されるアントニオ・サンチェス・ギター。初心者~中級者向けのエステューディオ・シリーズからプロ・ユースのハンドクラフト・シリーズまで多彩なランナップが生産され、ヨーロッパはもとより世界中で愛用者の多いクラシック・ギター・ブランドです。今回入荷はそんなA.サンチェスの中では一番安いエントリー・モデルのエステューディオ-1シダー。元々の定価も¥77.000とリーズナブルですが、今回入荷の個体は塗装に白濁が見られるため、中古相場よりも更に逸脱した衝撃プライスでのご提供です!

ソリッド・シダーTOP、ラミネイト・ブビンガSIDE&BACK、実測51mmナット、650mmスケール。エントリー・モデルという事もあってか、ネック幅は51mmと通常のクラギよりも気持ち細めのネックで、初心者やアコギ弾きには嬉しいポイントです!

サウンドはクセの無い素直で透明感のあるサウンド!もちろん高級機種のようなねっちりとうねるようなサウンドではありませんが、初心者の方や、普段エレキやアコギがメインのプレイヤーには充分なクオリティーのナイロン・サウンドをお楽しみいただけます!

楽器のコンディションは、弾くための楽器としては何ら問題ありませんが、やや目立つキズと塗装の白濁が見られます。キズに関しては、ボディー・トップの1弦側指板脇に1.5cm×8mmくらいの大きな打痕があり、木部がベコッと凹んでいますので、遠目からでもやや目立ちます。その他にもコツコツとぶつけたような小さな打痕や擦り傷もありますが、そんなに目立つキズは無いので、中古品として考えれば気にならないモノばかりかと思います。そしてブリッジの上の塗装と、SIDE&BACKの塗装、ネックのヒール部などにふわ~っと白濁傾向が見られます。そんなに酷い白濁ではありませんが、元々の木の色も薄いせいか、全体的に少し色白さんに見えます。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3.5mm、1弦側2.5mm程度と、初心者向きな弦高設定になっています。サドルにももう少し余裕があります。フレットの減りは無く、ほぼ10割の高さが残っています。

初心者の方はもちろん、手頃で良質なクラギをお探しの方にもオススメの超リーズナブルな1本です!

新品定価¥77.000

汎用のソフト・ケース付き