ASTURIAS AS-30 1980年頃

HOLD(現在商談中です)

 

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

モノのクオリティーから考えると超お買い得な1本!!アストリアスAS-30!!

九州久留米に工房を構える老舗ギター工房アストリアス。約15名の熟練工により生み出されるギター達は国内外で高い評価を受ける日本を代表するギター・メーカーの一つです。今回入荷はそんなアストリアスのクラシック・ギターAS-30。アストリアスでは1962年からクラシック・ギターの製造が始められたようですが、シリアルNo.で製造年の管理をするようになったのは1981年から。今回入荷の個体にはシリアル・ナンバーが無い事などから、恐らく1980年前後に作られた1本と思われます。

ソリッド・シダーTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測51.8mmナット、650mmスケール。恐らく当時の初心者向けのエントリー・モデルと思われますが、ネックにはローズウッドの補強が入り、ネック・ジョイントもしっかりしていて、ちゃんと真面目に作られた楽器という印象です。現行モデルの同じようなスペックのギターとなると、定価20万円とかしちゃう事を考えると、超お買い得な気がします!

サウンドもしっかりと芯のある安定したサウンドを響かせます!オール単板モデルのような深みは流石にありませんが、アコギやエレキがメインの方が、ちょっとガットの音が欲しいなんて時には充分雰囲気の有るサウンドが得られます。また、クラシック初心者の入門モデルとしても最適かと思います!

楽器のコンディションは、それなりの小キズや経年感などありますが、弾くための楽器としては非常にしっかりしていて、プレイヤビリティーも抜群です!比較的目立つキズとしてはボディー・トップのブリッジ下、1弦のすぐ下に少し深めの打痕、5弦の下の方に5cmほどの塗装クラック、ボディー・バックには衣服で擦れたような擦り傷がいくらかありますが、まぁ中古品として見て、特に気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3mm、1弦側2.6mm程度と、クラシック・ギターとしてはかなり低めのセッティングになっていますので、普段エレキやアコギがメインの方でも楽々演奏可能です。指板脇には白いペンキでサイド・ポジも打たれていますので安心ですね(笑)。サドルにももう少し余裕があります。フレットの減りはなく、充分な高さが残っています。

初心者の方にも、エレキやアコギがメインの方のサウンド・バリエーション用にもオススメのプレイヤビリティー抜群で安定の作りとサウンドの1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

現状コンディションには何ら問題はありませんが、値段が値段なので保証なしの現状渡しとさせて頂きます。