Billy Style-D 1978年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

古のジャパニーズ・ビンテージ・サウンド!!パンチ力抜群のカワセ・ビリー!!

お茶の水の老舗楽器店カワセ楽器さん。現在のように大手楽器店がひしめき合う前から楽器の街お茶の水で営業を続ける老舗中の老舗。ある程度の年齢以上のアコギ弾きなら知らない人はいない名店です。そんなカワセ楽器さんが手掛けたオリジナル・ブランド、ビリー。カワセ・オリジナルと言えばマスター・ブランドが有名ですが、そのジュニア・ブランドとして作られていたのがこのビリーです!

ソリッド・スプルースTOP、ローズウッドSIDE&BACK、マホガニー系NECK、ローズウッド系指板&ブリッジ、実測43.2mmナット、実測640mmスケールのドレッドノート・ボディー。SIDE&BACKに関しては、合板、単板諸説ありますが、今回入荷の個体はバックは恐らく単板じゃないかと思います。SIDEも杢目は合っているようなので、単板にも見えなくもないですが、、SIDEは単板でも合板でもサウンドにはそんなに大きく影響しないかと、、

サウンドは単板ボディーを思わせる豪快でパンチ力抜群のパワフル・サウンド!日本製ならではのエッジのきつさは感じますが、胴鳴り感とか奥行き感とかなかなかのもので、この価格で買えるギターとしては最上級に良いサウンドじゃないかと思います。フラットピックで搔き鳴らせば、ボリューム感満点のパワフル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても基音のしっかりとしたサスティーン感も充分なサウンドを奏でますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルで楽しんでいただけるサウンドかと思います。サウンド的にはやはり古のジャパニーズ・サウンドですので、昔のフォーク・ソングなんかやるとド嵌まりする感じですが、ブルー・グラスやカントリー系でも充分通用しそうな力強いサウンドを響かせます!

楽器のコンディションは、年式から考えると恐ろしく綺麗なコンディションを維持しています!小キズこそ散見出来ますが、塗装の焼けなども最小限で、塗り込みのPGと相まって雰囲気は非常に良いです。ボディー・トップには目立たない小さな打痕がいくつか、バックにはバックルキズ等確認出来ますが、いずれのキズも70年代物として考えれば取るに足らない微細なキズばかりです。ペグは何度か付け替えられたようで、ペグの止めネジ穴を塞いだ跡があります。現在は近年物のグローバーが装着され、操作性もスムーズです。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さが残っています。

市場への流通がほとんど無い稀少なビリーのギター。お値段以上にパワフルでハイクオリティーなサウンドを是非お試し下さい!

ケースはチップボードとハード・ケースの中間くらいのケースが付属しています。

SN:45089