販売済Cat's Eyes CE-1200 1975年初年度物!!

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

貴重な安間楽器製初年度物!!驚くほど綺麗なコンディションのCE-1200が入荷しました!!

70年代から80年代に掛けて、絶大な人気を誇った東海キャッツ・アイ。当時はマーチンの日本総代理店という立場から、最もマーチンを研究できたメーカーとして、日本のアコギ・メーカーの代表ブランドのひとつでした。今でも当時のキャッツ・アイのギターは人気が高く、多くのファンを持つ人気のジャパン・ビンテージ・ブランドです!今回入荷はそんなキャッツ・アイの初年度物CE-1200。初期キャッツ・アイはまだ東海楽器での製造体制が整っておらず、中上位機種に関しては安間楽器製造でOEM生産されていました。この安間楽器製のキャッツ・アイは非常に評価が高く、安間楽器製のキャッツ・アイばかりをコレクションするファンも多い貴重なモデルです。今回入荷の個体ももちろん安間楽器製で、優れた木工技術と安定のサウンドが魅力の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.4mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。ゴールド・グローバーUSAペグにトーチ・インレイ、スノウフレイクス&キャッツ・アイ・ポジション・マークにヘリンボーン・トリムなど、中上位機種らしい豪華スペックのモデルです!

サウンドはバリンッと豪快に鳴るパワフル・サウンド!ローズウッドらしい密度の高い低域にトルク感のある中域、ブライトで芯の太い高音などが混然一体となり、ジャパン・ビンテージならではの硬めながら爆発力のあるパワフルなサウンドを響かせます。一つ上のCE-1500からSIDE&BACKはハカランダ材になりますが、正直そんなに遜色を感じません。ローズウッド・ボディーにありがちなもたつく感じは無く、反応良くブライトに抜けてくれるサウンドですので、ブラインドで試奏すれば、ハカランダSIDE&BACKのCE-1500とも聞き分けがつかないんじゃないかと思います(笑)。フラットピックで掻き鳴らせば、ブライトで音圧感のあるパワフル・サウンドが得らえますし、フィンガーで爪弾いてもしっかりとした基音に適度な倍音とサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、昔の日本のギターの安定のサウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、ちょっとした小キズや使用感はありますが、年式から考えると驚くほど綺麗なコンディションを保っています!ボディー・トップにはポツポツと小さな打痕や弾きキズが散見出来、ボディー・バックにも僅かな擦り傷程度は確認出来ますが、ほとんどのキズは光にかざして見て初めて気付くような小さいキズばかりですので、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ボディーの綺麗さに比べると、かなり弾き込んではいるようで、指板にはいくらかの押弦の跡があり、ネック裏の塗装はトップ・コートが剥がれているような箇所もあります。指板の押弦跡は凹みという程ではありませんが、2フレット、3フレットに凹みを埋めたような修理跡が確認出来ます。ネック裏も塗装が全部剥がれているという感じでは無く、トップのクリアーが幾分手で擦れたような感じですので、手触りはスムーズで、演奏上は何ら気になるような事はありません。ジャパン・ビンテージにつきものの塗装の白濁も無く、全体的に見ればなかなかお目に掛かれない綺麗なコンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側2.0mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕はありませんが、現状でもジャパビン物としては抜群のプレイヤビリティーかと思います。フレットはローフレットを中心にいくらかの減りが確認出来ますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6割以上の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの必要も無いでしょう。

市場には意外に出てこないローズウッド単板物のキャッツ・アイ!インナー・ラベルも綺麗に残っている綺麗なコンディションの1本です!キャッツ・アイ・ファンのみならず、この位のご予算で良いギターをお探しの方にもオススメの安心安定のクオリティーを持った1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属しています。

SN:094275