Cat's Eyes CE-1200CF 1980年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

キャッツ・アイ流マーチンD-28レプリカCE-1200CF!!極美品&爆鳴りの個体です!!

1970年代から80年代にかけて絶大な人気を誇った東海キャッツ・アイ。当時はマーチンの日本総代理店という立場から、最もマーチンを研究できたメーカーとして、日本のアコギ・メーカーの代表ブランドのひとつでした。今でも当時のキャッツ・アイのギターは非常に人気があり、多くのファンを持つ人気のジャパン・ビンテージ・ブランドです!今回入荷はマーチンの完全レプリカを目指したCFシリーズのCE-1200CF!いわゆるマーチンD-28レプリカで、完成度の高い逸品です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、塗り込みPG、実測43.2mmナット、実測640mmスケールのマーチンD-28レプリカ。当時のカタログを見ると、指板&ブリッジ材はエボニーと表記されていますが、見る限り縞黒檀か、、ブリッジなんかはローズウッドにも見えます。また、感覚的には70年代D-28レプリカを謳っていたようですが、ブリッジ・プレートは68年以前の仕様である小さめのメイプル・プレートが採用されています。そのせいか70年代28というよりは60年代に近い爆発力のあるパワフルなサウンドに仕上がっています!

サウンドはいわゆる28サウンドながら、音の立ち上がりも良く、爆発力のあるパワフルなサウンド!バリンバリンと豪快に咆哮するサウンドは、日本製ならではの硬い音という見方も出来ますが、見方を変えれば60年代ハカランダ・サウンドにも通じるような爆発力とエッジ感のあるサウンドと言う事も出来るように感じます。フラットピックで掻き鳴らせば、ガツンと音が立ち上がり、エッジのきつい塊感のある直進性に富んだパワフル・サウンドを響かせます。フィンガーで爪弾くと、粒立ちは良いながらもマーチン風な音のしなり感もしっかり表現されていて、この辺りに他の国産物とは違う、キャッツ・アイならではのサウンドの魅力があるように感じます!

楽器のコンディションは、年式の割にはキズの少ない超美品コンディションを保っています!が、元々のネック・セット角が浅かったのか?ネック自体は非常に綺麗にストレートなんですが、今風な弦高セッティングにするために、ブリッジの上面が少し削られているようです。その為、ブリッジは見た目少し薄く見えますが、サウンド面では特に支障は出てないように感じます。ひょっとしたらブリッジが少し薄い分、爆発力のある抜けの良いサウンドになっているのかも知れません。その他は小さい打痕や擦り傷等散見出来ますが、ぱっと見に目立つようなキズはほとんど無く、年式から考えれば、充分新品同様に近いコンディションと言えるでしょう。ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁も無く、非常に綺麗なコンディションを保っています!

ネック自体のコンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度と今風な弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕はありませんが、現状でベストなプレイヤビリティーは確保されています。フレットはローフレットに僅かな減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

国産物としてはかなり完成度の高いマーチン・レプリカ!リーズナブルに本家の雰囲気を味わいたい方にもオススメの1本です!

ケースもオリジナルのマーチン・レプリカ・ケースが付属しますが、合皮がいくらかベロンチョと剥がれています。持ち運びやケースとしての機能には何ら問題ありません。

SN:13243080