販売済Cat's Eyes CE-2500 Jacaranda 1975年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

お宝級の超レア・モデル、キャッツ・アイCE-2500!!オーバー・スプレーの為、超破格でのご提供です!!

70年代から80年代に掛けて、絶大な人気を誇った東海キャッツ・アイ。当時はマーチンの日本総代理店という立場から、最もマーチンを研究できたメーカーとして、日本のアコギ・メーカーの代表ブランドのひとつでした。今でも当時のキャッツ・アイのギターは人気が高く、多くのファンを持つ人気のジャパン・ビンテージ・ブランドです!

今回入荷はそんなキャッツ・アイの最上位機種にして初年度物のCE-2500!フルオリジナルなら倍近い値が付く超稀少モデルですが、今回入荷の個体は全体的にオーバー・スプレーされている為、衝撃の爆安プライスでのご提供です!因みに初期のキャッツ・アイの上位機種は安間楽器にてOEM生産されていました。この安間製のキャッツ・アイは特に物が良いとの評価が高く、安間製のキャッツ・アイばかりをコレクションするファンも多い貴重なモデルとなっています。今回入荷の個体ももちろん安間楽器製造の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ハカランダSIDE&BACK、マホガニーNECK、縞黒檀指板&ブリッジ、実測42.7mmナット、645mmスケールのD-45スタイル。美しい輝きを放つトーチ・インレイに45スタイル・スノウフレイクス・インレイ、ボディー全体を取り巻く45スタイル・アバロン・トリムなど、最上位機種としての気品と風格を持った存在感抜群の佇まい。SIDE&BACKやヘッド・プレートに使用されているハカランダ材もハカランダのお手本のような美しい杢目の最高級材が使用されています!

そのサウンドは、ハカランダ・ボディーらしいレスポンスが良くエッジ感のあるサウンドに、マーチン譲りの音のしなり感、弾力感が加わり、更に45スタイルならではのキラキラとした美しい伸びのあるサスティーンが絡み合い、高級機種でしか出し得ない華やかでエレガントな懐の深いサウンドを響かせます!ノン・スキャロップ・ブレーシングならではの芯のしっかりとした低域に、ふくよかで弾力性に富んだ中域、ハカランダらしいエッジ感と艶感を伴った高域に45スタイルならではのキラキラと輝くような倍音などが混然一体となり、優美で美しい高級感溢れるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、ぱっと見にはほとんどキズの無い美品コンディションに見えますが、上記の通り全体的にオーバー・スプレーされています。オリジナルの塗装はそのまま残っていて、その上から全体的に薄くラッカーを吹いたようです。その為、全体的に艶消し~半艶くらいの艶感に抑えられています。恐らく小キズを隠すためにオーバー・スプレーしたものと思われますが、ボディー・トップは全体的にオリジナル・フィニッシュの塗装ムラ感がうっすら残り、よくよく見ると1弦側のブリッジ下辺りには何か小さいシールを貼っていたような跡も確認出来ます。オーバー・スプレー後に結構がっつり弾き込んでいるようで、PGの上にはピッキング跡といくらかの塗装の荒れが確認出来ます。SIDE&BACKに掛けてはキズらしいキズも無く、塗装の艶感を除けば新品のような美しい状態を維持しています。ネック裏も綺麗ですが、3フレット横に1cmほどの引っ掻きキズがあります。エンドピンはエンドピン・ジャックに替えられ、ボディー内部には貼り付けタイプのPUが仕込まれています。パッシブPUですが、結構音量があり、音質もなかなかナチュラルなので、プリアンプでも噛ませてやれば案外使えるかも知れません。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうあまり余裕がありませんが、現状でもジャパビンとしては充分プレイヤビリティー良好かと思います。フレットはリフレットされたばかりのようで、気になるような凹みも無く、充分な高さが残っています。

滅多にお目に掛かる事の出来ない超レア・モデル!塗装の艶感が気にならない方には超絶オススメの鳴りの良いお買い得な1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:168875