Cat's Eyes CE-600 1975年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

稀少!!大文字ロゴの初年度物CE-600!!

1970年代から80年代にかけて絶大な人気を誇った東海キャッツ・アイ。当時はマーチンの日本総代理店という立場から、最もマーチンを研究できたメーカーとして、日本のアコギ・メーカーの代表ブランドのひとつでした。今でも当時のキャッツ・アイのギターは非常に人気があり、多くのファンを持つ人気のジャパン・ビンテージ・ブランドです!今回入荷はキャッツ・アイ初年度に当たる75年製のCE-600。初期キャッツ・アイの特徴でもあるCat's Eyesのロゴが大文字のCET'S EYESロゴを持つ稀少な1本です!

スプルース単板TOP、ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測42.7mmナット、645mmスケールのドレッドノート。当時のラインナップの中でちょうど真ん中くらいに位置する中位機種です。

サウンドはジャパン・ビンテージらしい武骨にガランガラン鳴るパワフルなサウンド!決して上品なサウンドとは言えませんが、しっかり真面目に作った事が窺える、日本製らしいちゃんとちゃんとのサウンドです。SIDE&BACKは合板なので、音の荒削り感は否めませんが、フラットピックで掻き鳴らした時なんかはそれがかえってエッジの効いたサウンドになっていて、バリンバリンと豪快なサウンドを響かせます。フィンガーで爪弾けば適度にサスティーンを伴った芯のあるサウンドを奏でますので、昔のフォーク・ソングなんかやるには雰囲気ばっちりなサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや経年感があります。普通に使っていれば付きそうなキズは全体的にまぁ普通に在りますが、そんなにド派手なキズは有りませんので、40年以上使われてきたビンテージ楽器として見れば取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。あ、ネック・ヒール部にストラップピンの増設があり、ヒール・キャップにはストラップピンの穴を埋めた跡がありますので、これは気になる人は気にしますね、、(汗)、、ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁は、ボディー・バックからネック裏に掛けてほんのりその兆候が見て取れますが、ジャパ・ビンとしては全然軽症な方でしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにももう少しだけ余裕があります。フレットはローフレットを中心に減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナル時の7割程度の高さは残っています。

初心者の方のエントリー・モデルとしても、ベテランの方が気楽に使うサブ・ギターとしても、お値段以上のジャパン・メイド・クオリティーの1本です!

ケースはペラのソフト・ケースが付属します。

SN:247775