販売済Cole Clark UL-1 Concert USED

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

珍しいコール・クラークのウクレレが入荷しました!!

アダム・コール氏とブラドレー・クラーク氏によって2001年に設立された新進気鋭のオーストラリアのアコースティック・ギター・ブランド、コール・クラーク。クリアーでナチュラルなエレ・アコ・サウンドは瞬く間に評判になり、2000年代には日本でも多くのミュージシャンが愛用していました。今回入荷はそんなコール・クラークの珍しいウクレレ!数年前までは本国ではウクレレも生産されていたようですが、日本への入荷はほとんど無く、現在では生産も終了し、市場に出回る事はほとんど無いレア・アイテムとなっているようです!

ソリッド・ブンヤBODY、クイーンズランド・メイプルNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測35.4mmナット、382mmスケールのコンサート・ウクレレ。ヘッドはコール・クラークならではの立体的なデザインで、シンプルながらコール・クラークらしさが前面に押し出されたオーストラリアン・ウクレレです!

サウンドはカランコロンと軽快に鳴る乾いたサウンド!マホ・ボディーのようなウェットな感じよりはコアに近いカランとしたサウンドですが、コアほど軽く抜ける感じでは無く、もう少し芯の太いイメージのサウンドです。逆にサスティーンはコアなどと比べると短めに感じますが、この独特の乾いたカラコロ・サウンドはクセになりそう。アコーステッィク・ギター同様、テクニカル系速弾きプレイにも向いていそうなコール・クラークらしい仕上がりになっています!

楽器のコンディションは、いくらかの使用感は感じますが、大きく派手に目立つようなキズは無く、まずまずの美品コンディションです。1弦側の指板脇にはいくらかのピッキング跡があり、見る角度によって少し黒ずんだ汚れが付いているようにも見えます。細かく見ていくと、それ以外にも小さな打痕もいくつか発見出来ますが、元々がマット・フィニッシュなのでキズは目立ちにくく、まず気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で1弦側、4弦側共に2.5mmくらいのセッティングになっています。サドルにもまだいくらかの余裕はあります。フレットはローフレットに僅かな減りが確認出来ますが、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

コール・クラーク・ファンはもちろんの事、他人とは違う個性的なウクレレをお探しだった方にもオススメの滅多に見ないレア・アイテムです!

ケースは少し大きめのギグ・ケースが付属しています。

SN:705188