DOBRO Square Neck 1974年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

改造歴有りの為、格安のスクウェア・ネック・ドブロ!!

ドブロ・ギターはジョン・ドピエラとルディ・ドピエラのドピエラ兄弟によって1929年に創立されたリゾネーター・ギター・ブランドです。先にジョン・ドピエラが創設したナショナル・ギターと共にリゾネーター・ギターという分野を確立した、パイオニア的な伝統あるブランドです。今回入荷はそんなドブロのスクウェア・ネック。ヘッドをソリッド・ヘッドに改造している為、格安でのご提供です!

メイプル(バーチ?)ボディー、メイプルNECK、実測47.3mmナットのスパイダー・コーン。

サウンドはドブロらしくワイルドに鳴る「いかにも」なリゾネーター・サウンド!リバーブ感たっぷりなラウドなサウンドで、メタル・モデルとはまたひと味違う、ウッド・ボディーならではの丸みのある泥臭さがたまりません。ドブロはナショナルに比べ、やや荒削りなサウンドの印象ですが、このサウンドこそがブルース系ギタリストを魅了して止まない所以でしょう!ただしこちらはスクウェア・ネックなので、ブルースと言うよりはブルーグラスやハワイアン、70年代の日本のフォークなんかに向いているのかも知れませんね。

楽器のコンディションは上記の通りスロッティッド・ヘッドからソリッド・ヘッドに改造されています。ヘッドの厚みを少し薄くして穴を塞いでグローバー・ペグに付け替えられています。スロット・ヘッドのスロット部分はきっちりと木が入っていますので、表裏から見る分には、ぱっと見には気付かないくらい綺麗に処理されています。ヘッド・サイドのペグ・ポスト穴とネジ穴はいかにも埋めたのが判りますが、まぁこれもご愛敬でしょう。上記改造に伴い2フレット裏辺りからヘッドに掛けてはリフィニッシュされていますが、見た目は違和感なく自然に仕上げられています。その他は小キズがいくつか確認出来る程度でまずまず綺麗なコンディションを保っています。

ネックは厳密に言うと僅かに順反り傾向ですが、、、まぁスクウェア・ネックなので関係ないですね(笑)。また、サドルの弦ピッチもかなりワイドに取られていますので、1、6弦共に指板のアウトラインぎりぎりに弦が通ってる感じです。弦高は4mm程度と完全なスクウェア・ネック仕様になっていますが、無理やり普通の弦高で弾こうと思えば、ナットとサドルを交換すれば何とかなりそうです。とは言えネックは真四角なのでやっぱり無理がありますよね。。(笑)

スライド・ギターやラップ・スチール初心者にもオススメの本物のサウンドが楽しめるリーズナブルな1本です!

ハード・ケース付き

SN:D 317 4