Epiphone FT-79 TEXAN 1969年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

修理箇所多数の為、保証無し現状渡しにて爆安ウルトラ・プライスのTEXAN!!

憧れのナチュラル・フィニッシュのテキサンを修理箇所多数の為、驚きの現状特価にてご提供!ポール・マッカートニーの使用も有り、エピフォン・アコースティックでは一番有名で、且つ人気の高いFT-79TEXAN。今回入荷の個体はブリッジ周りに多数のクラックとそれに伴う修理が有り、トップの変形もそこそこ有りの為、保証無し現状渡しにて相場の半値以下でのご提供です!しかし弾く為のギターとしてはしっかり修理されていますので、ビンテージとしての価値云々より、ビンテージ・サウンドそのものが欲しいという方には見逃すことの出来ない掘り出し物です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、縞黒檀ブリッジ(リプレイス)、ハカランダAdj.サドル、実測39.6mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ギブソンのJ-45などよりスケールが長い分、更にパワフルでテンション感のあるサウンドが特徴です!

今回入荷の1本は修理箇所多数ですが、現状演奏する上でのコンディションはきっちり調整され、音も良く出ています。ブリッジ周りに大きなダメージが有り、ブリッジ周りに多数のクラック修理跡が有ります。それに伴い、ボディーのブリッジ下のいわゆるお腹が出ていて、逆にブリッジ前は少しTOPが落ちている感じになっています。現在はブリッジが一回り大きいサイズの縞黒檀の物に交換され、ブリッジが前に傾斜するのを防いでいますが、それでも10度くらいの傾斜はあります。また、ボディー内部からは、クラック修理補強のクリートの役割以上の補強の木がブリッジ周りに沢山打たれています。ブリッジ・プレート自体はオリジナルのように見えますが、その前後左右に補強の木が接着されていて、TOPの変形を防ぐためにかなりガチガチの修理がなされています。

これだけ補強してしまうと、音の出が悪くなりそうですが、お腹が膨らんでボディー内部の体積が増えているせいか、サウンドは良いです(笑)!ローもしっかり出ていて、アジャスタブル・サドルらしいジャキジャキ感も有り、目を瞑ってサウンドだけ聞けば当たりの個体!と言いたくなるようなナイス・サウンドです!笑、笑、

ブリッジ周りとTOPの変形以外は大きなダメージは有りませんが、よくよく見ると、何故だかヘッド裏に薄いマホのヘッド・プレートが貼られています。ネックに折れたような形跡は無く、考えられるとすればヘッド裏の何らかのキズを隠すための処置かと思われますが、ヘッドの表側やサイド部分にも何ら異常が見られず謎です。塗装も上から吹き直したような形跡も無いので、ひょっとするとオリジナルの状態で、何らかの理由で突板が貼られたのかも知れません。そのせいか、ヘッド裏にはシリアルの刻印が無く、正確な年式を特定できませんが、スペックから考えると恐らく69年製かと思われます。

ネック・コンディションは良好で、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますが、あまり弦高を上げるのはブリッジにテンションが掛かってしまいますので、長く使う事を考えると、現状+-0.2~0.3mm程度のアジャストをお勧めします。フレットはリフレット済みで、現状特に気になるような凹みも無く、まだまだ充分な高さが残っています。

ペグはオリジナル・クルーソン、ピックガードは交換済み、エンドピン穴はジャック・サイズに広げられ、オーバー・サイズのエンドピンが装着されています。

色々と手が入っているとはいえ、サウンドは正しく60年代ギブソン・サウンド!サウンド重視のプレイヤーや、万一またブリッジが剥がれてきても修理の腕に自信有りの猛者に是非オススメの爆安物件です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。