Epiphone FT-79N TEXAN 1965年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

アンセムPU搭載で現代使いにカスタマイズされたテキサン!!良く鳴ってます!!

1920年代にバンジョー・メーカーとしてスタートしたエピフォン。その後1930年代に入ると、フラット・トップやアーチ・トップなどのギターの生産も始めます。そして1957年にギブソン社に買収され、ギブソン・カラマズー工場での生産が始まると、エピフォンはだんだんとギブソンのジュニア・ブランドのような色合いを強めていきます。そんなエピフォン・ブランドの存在を決定づけたのは何と言ってもビートルズでしょう。彼らのお陰で数多のブランドやモデルが救われ、大ヒット商品へと導かれたかを思うと、その存在感、影響力の大きさにはただただ脱帽です。今回入荷は長年に渡りポールの愛器として活躍を続けている、エピフォンを代表する大ヒット商品テキサン。残念ながらポールとは1年違いの65年製ですが、ブロンド・フィニッシュで存分に雰囲気は味わっていただける事でしょう!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測39.6mmナロー・ネック、25.5インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ブリッジはオリジナルのままですが、アジャスタブル・サドル部が塞がれ、通常のストレート・サドルに変更、L.R.BaggsのアンセムPUが搭載された現代使いには使いやすいスペックにカスタマイズされた1本です!

サウンドはブリッジを固定サドルに変更しているだけあって、テンション感のあるブライトでパワフルなサウンド!この年式のギブソン・メイドならではのザクザクとした荒削り感はそのままに、箱鳴り感がプラスされたようなサウンドで、フラットピックからフィンガー、ソロまでオールマイティーに使える汎用性の高いサウンドになっています。フラットピックで掻き鳴らせば、固定サドルならではのしっかりとした低音に、ギブソンらしいエッジ感のある中高域が絡み、迫力のあるパワフル・サウンドを響かせます。フィンガーで爪弾いても、アジャスタブル・ブリッジ特有のサスティーンの短さは無く、適度なサスティーンと箱鳴り感を伴ったサウンドが得られますので、オリジナルのアジャスタブル・サウンドより、より汎用性の高いサウンドになっています。そして近年のアコ用PUでは最も評判の高いL.R.BaggsのAnthem PUが搭載されていますので、ライブやレコーディングにも即対応のマルチなギターになっています!

楽器のコンディションは、上記ブリッジの改造があるものの、全体的にキズは少なく、まずまず良いコンディションと言えるでしょう。ブリッジの改造に関しても、アジャスタブルの溝にきっちりとハカランダ材が埋められていて、ぱっと見には全然分からないくらいに丁寧な修理がなされています。埋められたハカランダ材とオリジナルのハカランダ材の色や杢目などもかなり慎重に選んだようで、よくよく見ても杢目が繋がっているように見えるくらい綺麗に処理されています。アジャスタブル・ブリッジのアンカー穴も綺麗に埋められていますので、その辺の精度の高さがサウンドにも表れているように思います。ボディー内部のバック側は、ブレーシング剥がれを直した跡なのか?それともクラギみたいに内部も塗装しようとしたのか?バック一面が濡れたような感じに見えますが、音やコンディションには影響ないでしょう。その他は、この年式のテキサンにありがちなPG脇のクラックも無く、綺麗な顔付きです。PGのEマークは残念ながら取れてしまっていますが、何となく跡は残っているので、そんなに違和感はありません。全体的にびっしりと細かいウェザーチェックが入り、所々やや目立つキズもありますが、この年式のビンテージとして見れば、トータルではかなり良いコンディションと言えるかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはリフレットされたばかりで、気になるような凹みも無く、10割高さが残っています。

使うための楽器としてはばっちりと調整が行き届いた1本!ビンテージは扱いが不安、、なんて方にもオススメ出来る手間いらずな個体です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:360925