販売済F.Hashimoto W3100 1970年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

超レア!!マルハのフラットトップ最上位機種F.ハシモトW-3100!!

非常に珍しいジャパン・ビンテージ物が入荷しました!マルハで製作されていたF.Hashimotoの最上位機種W-3100。マルハは戦後橋本文男氏によって設立されたギター工房。昔は〇の中に一文字の屋号ってよくありましたよね。あれです、あれ!〇の中に橋本さんのハでマルハ。マルハのギターといえば、独創的なデザインのアーチ・トップ・ギターの方が有名というか、、たまに見かけますが、、フラットトップやガット・ギターも作っていたんです。マーチン・スタイルの他にもギブソン・スタイルなんかも作っていて、最盛期はそこそこの本数作っていたようです。で、今回入荷はそんなマルハのフラットトップの最上位機種W-3100。70年代当時の定価でも10万円というなかなかの高級モデルです!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ハカランダSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43mmナット、642mmくらいのスケールのドレッドノート・ボディー。ヘッド・ロゴはバーティカル・ロゴで指板にはアバロンのヘキサゴン・インレイ、ボディーにはアバロン風トリムが巻かれた、いわゆるマーチンD-45スタイル。ボディーに使われているアバロン風トリムは、トップ含め全てプラ・セルなので、あまり45らしい華々しさは感じませんが(笑)、一応トップ、サイド、バックと全てにアバロン風トリムが巻かれ、トップ・モデルとしての威厳をしっかり守っています!(笑)

サウンドは、さすがに長年使い込まれてきただけあって非常に良く鳴っています!バウンと弾むような箱鳴り感に、ハカランダらしいエッジ感のあるサスティーンが加わり、この価格としては充分に楽しめるパワフルでブライトなサウンドです!

楽器のコンディションは、小キズこそ点在するものの、遠目にも目立つような派手なキズやダメージは無く、全体的に見れば年式の割には相当綺麗なコンディションと言えるでしょう。ボディー・バックの1弦側エンド部付近にゴチッとぶつけた米粒大の打痕が有り、塗装が白くなっていますのでやや目立ちますが、その他は光にかざして見れば気付く程度の打痕や擦り傷ばかりですので、この手のギターをお探しの方にとっては、特に気になるような箇所は無いかと思います。ジャパン・ビンテージにつきものの塗装の白濁はサイドとバックの肩の辺りに極僅かにうっすら兆候が見られますが、こちらも余程神経質になって見ない限りは、気付きもしない程度ですので、トータルで考えると非常に良いコンディションと言えるでしょう。ペグは年代から考えて恐らく交換されていると思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットも以前にリフレットされたのか?綺麗なもんで、ほぼ10割の高さが残っています。

あまり需要の多いギターでは無いでしょうが(笑)、探していた方には千載一遇のチャンス!他人と被らないギターをお探しの方にもオススメのなかなかの秀作です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:770111