Furch G23 CRCT 2005年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

フォルヒの定番中のド定番モデルG23CRCTが入荷しました!!

木工技術の高さとサウンド・クオリティーから考えて、非常にリーズナブルな価格設定で日本でも瞬く間に人気ブランドへと成長したチェコ共和国の人気ブランド、フォルヒ。一昔前はそこここの楽器屋さんで見ることが出来ましたが、最近では日本への流通量が少なく、新品でさえもかなり限られたお店でしか見ることが出来なくなりました。今回はそんなフォルヒの中でも定番中のド定番、超売れ筋商品のG23CRCTが入荷しました!

ウエスタン・レッド・シダーTOP、インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、45mmナット、650mmスケールのグランド・オーケストラ・カッタウェイ・ボディー。ボディー幅的にはドレッドノート・ボディーとほぼ同じですが、ウエストのくびれた独自のボディー形状は抱えやすく、音のレスポンス、ボリューム感、プレイヤビリティーなどのバランスが良い、フォルヒ一番人気のボディー形状です。使用材もオーソドックスなローズウッド・ボディーに、フォルヒお得意のシダーTOPの組み合わせがいかにもフォルヒらしい、一番人気の高い組み合わせとなっています!

そのサウンドは立ち上がりが良く、クリアーで煌びやかなサウンドながら、豊かな中低域で音圧感も有り、バランスの良い美しいサウンド!シダー・トップの優しく柔らかい音の立ち上がりに、ローズウッドSIDE&BACKならではの安定した中低域が加わり、そこにフォルヒならではの奥行き感のある倍音感、煌びやかさが加味され、ボリューミーでありながら耳当たりの優しい、且つ煌びやかで優雅なサウンドを響かせます。特にフィンガーで爪弾いた時の粒立ちの良いキラキラとしたサウンドは秀逸で、そこにしっかりとした輪郭と芯のある低音が絡み、サウンド・バランスに優れた美しいトーンを響かせます。フラットピックで掻き鳴らせば、意外なほどの音圧感が有り、且つフィンガー系のギターにありがちな音がばらけてしまう感じも無く、ラウドでまとまり感のあるサウンドが得られますので、プレイスタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、いくらかの小キズは散見出来ますが、年式から考えるとキズの少ない良好なコンディションを保っています。比較的目立つキズとしては、ボディー・トップの6弦側のブリッジ下辺りにインディカ米サイズくらいの打痕が1つあり、ペコッと塗膜が凹んでいますので、見る角度によってはやや目立ちます。その他にもトップには極小さいポチキズがいくつか付いていますが、上記打痕以外は光にかざして見て初めて気付く程度の小さなキズばかりですので、まず気になるような事は無いかと思います。SIDE&BACKにもスレ程度のキズはありますが、取り立てて気になるような箇所は無いでしょう。こちらの個体は、日本に輸入され始めたばかりの2005年製ですので、ヘッドのジョイントがフィンガー・ジョイントになっています。経年に因り、フィンガー・ジョイント部の塗膜が引け、少し白っぽい線に見えてしまいますが、こちらは特に強度上の問題は無く、経年上致し方ない部分ですね。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りもほとんど無く、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

フォルヒの定番スタンダード・モデルをお求めやすい中古プライスで是非!

ケースも当時のオリジナルのハード・ケースが付属しますが、現行のヒスコックスのケースでは無く、やたらとごつくて頑丈なイタリア製RCHケースが付属しています。

SN:22648