Furch G23CRCT 2007年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

フォルヒ一番人気のド定番モデル、G23CRCTが入荷しました!!

木工技術の高さとサウンド・クオリティーから考えて、非常にリーズナブルな価格設定で日本でも瞬く間に人気ブランドへと成長したチェコ共和国の人気ブランド、フォルヒ。一昔前はそこここの楽器屋さんで見ることが出来ましたが、最近では日本への流通量が少なく、新品でさえもかなり限られたお店でしか見ることが出来なくなりました。今回はそんなフォルヒの中でも定番中のド定番、超売れ筋商品のG23CRCTが入荷しました!

ウエスタン・レッド・シダーTOP、インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、45mmナット、650mmスケールのグランド・オーケストラ・カッタウェイ・ボディー。ボディー幅的にはドレッドノート・ボディーとほぼ同じですが、ウエストのくびれた独自のボディー形状は抱えやすく、音のレスポンス、ボリューム感、プレイヤビリティーなどのバランスが良い、フォルヒ一番人気のボディー形状です。使用材もオーソドックスなローズウッド・ボディーに、フォルヒお得意のシダーTOPの組み合わせがいかにもフォルヒらしい、一番人気の高い組み合わせとなっています!

そのサウンドは立ち上がりが良く、クリアーで煌びやかなサウンドながら、豊かな中低域で音圧感も有り、バランスの良い美しいサウンド!シダー・トップの優しく柔らかい音の立ち上がりに、ローズウッドSIDE&BACKならではの安定した中低域が加わり、そこにフォルヒならではの奥行き感のある倍音感、煌びやかさが加味され、ボリューミーでありながら耳当たりの優しい、且つ煌びやかで優雅なサウンドを響かせます。特にフィンガーで爪弾いた時の粒立ちの良いキラキラとしたサウンドは秀逸で、そこにしっかりとした輪郭と芯のある低音が絡み、サウンド・バランスに優れた美しいトーンを響かせます。フラットピックで掻き鳴らせば、意外なほどの音圧感が有り、且つフィンガー系のギターにありがちな音がばらけてしまう感じも無く、ラウドでまとまり感のあるサウンドが得られますので、プレイスタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います!

楽器のコンディションはほとんどキズの無い極美品コンディションです!光にかざして見てもキズらしいキズも無く、新品と言われても違和感の無い美品コンディションを保っています。目を皿のようにして粗探しすると、ボディー・バックに僅かなスレらしきものが見えなくもないですが、キズと呼ぶほど大袈裟なモノでもありませんので、充分新品同様のコンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りもほとんど無く、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

フォルヒの定番スタンダード・モデルをお求めやすい中古プライスで是非!

ケースは残念ながら汎用のハード・ケースになり、ケースには補修のテープが巻かれていたり、あまり上等なケースとは言えません。。しかし2007年当時だとまだイタリア製のやたらごつくて重たいRCH製のケースだったと思われますので、実際も持ち運びにはこっちの方が楽かと思います(笑)。

SN:29346