GIBSON 1932 L-00 Re-issue 2014年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ほとんど使用感の無い新品同様の極上中古!!1932年L-00リイシュー!!

ギブソン・アコースティック・ギターの中で、スモール・ボディー・モデルとして人気を博し、長年レギュラー・モデルとして生産されているL-00。スタンダード・モデルはL-00だったりブルース・キングだったり色々モデル名変更やマイナーチェンジを繰り返しながら現在も生産が続けられている人気モデルです。そしてレギュラーで生産されるL-00とは別に、よりビンテージのスペックにこだわったL-00もこれまで数多くのバージョンが限定生産されてきました。今回入荷は初期の1932年のL-00のスペックが再現された1932 L-00リイシュー!ギブソン・アコースティック・ギターの中で最上位ラインだったレジェンド・シリーズの流れを汲む名モデルです!

アディロンダック・スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測44.6mmナット、実測632mmスケールの14.75インチ・スモール・ボディー。スクリプト・ロゴにゴールデン・エイジのオープン・バック・ペグ、太めのネック・グリップにレクタンギュラー・ブリッジ、バック・バインディング無しなど1932年当時のL-00が忠実に再現されています!

サウンドは思いの外ラウド且つタイトなサウンド!ほとんど使われていないせいか、まだまだ新品時の音の角が取れてない印象を受けますが、弾き込んでいって上げれば、アディロン・トップ&深胴の粘りのあるブルージーなサウンドに育っていきそうなポテンシャルを感じます。恐らくサウンドのタイトさは、ブレーシングにも起因してそうです。こちらのモデルはノン・スキャロップ・ブレーシング仕様なので、より音のエッジ感が出て、タイトなサウンドになっているように感じます。しかし鳴らし込んでいった時のノン・スキャの音の野太さはなんとも言えない魅力へと繋がりますので、その辺を考えても、ガシガシ弾き込んでいきたいモデルです。フラットピックでかき鳴らせば、思いの外ブライトでラウドなサウンドが得られますので、ピック弾きでも充分に使えます。フィンガーで爪弾けば、まだ新しい音とは言え、やはりこのサイズ感ならではの深みの有るブルージーなサウンドが得られ秀逸です!

楽器のコンディションは、ほとんど使用感の無い新品同様の極上コンディションです!光にかざして子細に眺めてみても、キズらしいキズひとつ見つかりません。ピッガード上にピッキング跡が数本だけ確認出来ますが、まあ新品でも一度試奏が入るとこんくらいのピッキング跡は入るでしょうから、充分に展示品レベルの美しさと言えるでしょう!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.8mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットのヘリも無く、10割の高さが残っています。

新品時は確か50万円くらいした高級モデルでしたが、新品同様でこのお値段なら絶対お買い得だと思います!レギュラー・モデルのL-00をご検討中の方にも充分手が届くお買い得な逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:12784010