GIBSON 1942 Banner Southern Jumbo 2020年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ほぼ未使用のカスタム・ショップ製サザン・ジャンボ!!

1942年にJ-45の上位機種として誕生したサザン・ジャンボ。ウッディー・ガスリーの愛器で知られるこのモデルは、日本では山崎まさよしさんの使用でその人気を不動のものとしました。J-45共々、長きに渡って数多のミュージシャンから愛され、数々の名盤の中にその時々のサウンドを刻んできたサザン・ジャンボ。今回入荷は2020年にギブソン・カスタム・ショップから発売された1942バナー・サザン・ジャンボ。誕生当時のスペックを可能な限り現代に蘇らせたギブソン・カスタム・ショップ・チーム渾身の1本です!

サーマリー・エイジド・アディロンダック・スプルースTOP、インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測45.2mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ギブソン・スクリプト・ロゴにバナー・ヘッド、ファイヤー・ストライプPGにダウンベリー・ブリッジなど、誕生当時のサザン・ジャンボが忠実に再現されていますが、、、指板はバインディング有り、、サザン・ジャンボのフィンガーボード・バインディングは1947年からのはずですが、、、さすがギブソン!!リイシューもおおらかです(笑)。しかしニカワ接着や極薄シン・ラッカー・フィニッシュなど、ビンテージの持つ雰囲気はばっちりで、レギュラー・モデルとは一線を画すオーラぷんぷんの貫禄充分な仕上がりになっています!

サウンドは野太くパワフルに鳴るギブソン・キラー・トーン!SIDE&BACKにはローズウッドが採用されていますので、芯の太い低音にアディロン・トップならではの粘りのある中域、ギラギラとした野性味を感じる高音などが混然一体となり、ギブソンらしいワイルドでパワフルなサウンドをご堪能頂けます。因みにネックはレジェンド・シリーズ譲りの極太ネックと謳われておりますが、形状は少し違うようです。レジェンド・シリーズのJ-45はネック・ワイドは44mm前後と普通で、しかし厚みがごっついゴン太ネックでしたが、こちらのモデルはネック・ワイドこそ45.2mmと太さを感じますが、厚みはレジェンド・シリーズほどでは無いようです。ですので、レジェンドJ-45はちょっとネックが太過ぎた~なんて感じてた方でも丁度良い具合にしっくりくる太めのネックかと思います。フラットピックで掻き鳴らせば、ネックの密度同様野太くパンチの効いたパワフル・サンドが得られますし、フィンガーで爪弾いてもしっかりとしたローにスキャロップ・ブレーシングならではのサスティーン充分なメロディーが乗ってくれますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、ギブソンの本気のサウンドを存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションはほとんど使用感の無い新品同様の極上コンディションです!それもそのはず、前オーナーの方は2020年10月に新品でご購入、直ぐに当店に委託販売に出されています。前オーナーの方は逆にレジェンド並みの極太ネックを期待していたようで、、今回ほぼ新品状態での放出となりました。仕上げは極薄のシン・ラッカーのV.O.S.フィニッシュですので、表面は木の導管が浮き出るほど塗膜は薄いです。ですので表面は鏡面仕上げという訳にはいきませんが、この少し時間が経ったように見える仕上げこそがこのモデルの渋みとサウンドを作り出しているんですね。唯一使用感と言うか、、新品時と違うのはネック・ヒール部にストラップピンの増設がある点でしょうか。。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りも皆無で10割の高さが残っています。

一瞬前オーナーが間に入りましたが、ほぼ新品状態で新品より10万円以上ダウンしての前オーナー涙の放出!新品だとちょっと手が届かなかった方にはまたと無いチャンスです!

ケースもレジェンド・シリーズ同様、赤テープ巻きのビンテージ・スタイル・ケースが付属します。

SN:22220010