販売済GIBSON 1942 J-45 Legend 2007年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

極太ネックのぶっとい鳴り!!レジェンド・シリーズの1942 J-45 !!

1942年に発売が開始されて以来、いつの時代も多くのミュージシャンに愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンのワーキング・ホースJ-45。今回はそんなJ-45が生まれた1942年当時のスペックを、現代の技術で可能な限り再現した1942 J-45Legendの入荷です!このレジェンド・シリーズは山野楽器さんが輸入代理店を務めていた時代に原型が作られ、ギブソン・ジャパンに移行した2007年からギブソン・アコースティック・ラインの最上位シリーズとして2012年までレギュラー生産されていました。2007年当時のメーカー希望小売価格は税抜で何と¥1.072.000!!市場価格でも80万円近い値段で販売されていた超高嶺のモデルでした!

アディロンダック・スプルースTOP、ホンジュラス・マホガニーSIDE&BACK、ホンジュラス・マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、アドバンスド・ワイドXブレーシング、スクリプト・ロゴ&バナー・ヘッド、ファイヤー・ストライプ柄PG、レクタンギュラー・ブリッジ、ロング・スロット・サドル、ニカワ接着、実測43.8mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ネック幅は43.8mmとレギュラーのギブソンと変わりませんが、ネック形状は40年代のネック・グリップが忠実に再現されていて、厚みもあり、みっしりと密度の高い、丸太のようなネック・シェイプが見事に再現されています!その他にもテーパード・ヘッドやPGの下にはサンバーストが吹かれていない仕様など、1942年当時のJ-45が最大限再現されています。PGは後年サンバーストを吹いた上からそのまま貼られる仕様に変わってしまいましたので、こちらの方がより手が込んでいてリイシュー度の高い1本と言えるかと思います!

サウンドは野太くパワフルなギブソン・キラー・トーン!アディロン・トップ&極太ネックで音の芯が太く立ち上がり、豪快にパワフルに鳴ってくれます。音そのものは、やはりまだ新しい音ですが、ゴンゴンと箱が鳴ってくれる感じなんかは、40年代ビンテージの反応の良さに似ていて、弾いていて痛快です!フラットピックで搔き鳴らせば、ガツンと立ち上がりの良い出音に、ギブソンらしい荒削りでワイルドなトーンが絡み合い、野太くパワフルな、これぞギブソン!ってサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても、一音一音はっきりとした芯のある、存在感のあるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションはキズの少ない美品コンディションです!遠目にも目立つようなキズは無く、ぱっと見には新品同様に近いコンディションを保っています。子細に見ていくと、ボディーにはPG周辺にいくらかのピッキング跡があり、その他スレ程度の擦り傷が散見出来ますが、ほとんどが光の反射で見て初めて気付く程度の些細なキズですので、まず気になるような箇所は無いかと思います。ボディーの綺麗さに比較するとヘッド・トップには何故か擦り傷が多めに見つかります。まぁこちらも普通に見ている分にはほとんど気にならないと思いますが、光にかざして見ると細かい擦り傷が結構付いています。弦で付いたキズというよりは粗いクロスで拭いてキズになってしまったような、、粗めのバフ跡のようなキズです。その他は取り立てて気になるようなキズも無く、トータルで見れば充分美品コンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いていますが、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

ギブソンの最上位ライン・モデルだけあって、そのサウンド・クオリティーには驚かされる事間違いなしの逸品です!

ケースは残念ながらオリジナルではありませんが、しっかりとしたボブレン製のハード・ケースが付属します。

SN:03097008