GIBSON 1963 J-45 1995年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

当時の日本代理店がこだわり屋の日本人の為に特注していた名器1963J-45の入荷です!!

当時のギブソンの日本での代理店を務めていた山野楽器さんがこだわり屋の日本人の為に、日本向けにのみギブソン社に生産させていた1963J-45。それまでのJ-45は、ギブソン社主導の商品企画でJ-45Westernという商品しかありませんでした。これはモダン・ロゴにバナー・ヘッド、ワッシャー付きキーストーン・クルーソン・タイプ・ペグに2リング&スモール・ガードなどなど、J-45のスペックとしては年式がバラバラで、リイシューとしての完成度はイマイチでした。そこで当時の代理店だった山野楽器さんが企画したのが今回入荷の1963J-45となります。今でこそそのリイシュー度も完璧とは言えませんが、当時としては画期的なリアル・リイシューとして大ヒットを飛ばした名モデルです!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測44mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。このモデルの最大の特徴はラージ・ガードで、当時はスモール・ガードをラージ・ガードに貼り換える方が非常に多く、このモデルの登場は諸手を挙げて歓迎されました。また、ペグがキーストーン・タイプから丸いプラ・ツマミのクルーソン・タイプに変わったのも大きな特徴。この変更はペグの重さの違いからサウンドにも大きな影響を与えました!そして、、めちゃマニアックな話ですが、、今回入荷の個体はリイシューされ出したばかりの95年製で、サウンドホール・リングはダブル・リングです。この後すぐにワン・リング&ラージ・ガードに変更されますが、、1963と名乗るのならこのダブル・リング仕様の方がより正確なリイシューという事になりますね!

サウンドはギブソンらしい適度に暴れるワイルドなサウンド!ミドル・レンジに音が集まってくるようなギブソン独特のザクザクなサウンドで、他のメーカーのギターでは決して味わえないギブソン・サウンドをご堪能頂けます。フラットピックで掻き鳴らせば、エッジ感が強く、サスティーンの短めな粗削りでワイルドなトーンをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾いた際には、スキャロップ・ブレーシングで適度なサスティーンが得られますので、素直でクリアーなマホガニー・トーンをお楽しみ頂けます!

楽器のコンディションは、長年ワンオーナーがしっかりと弾き込んできたことが窺える、年式相応のコンディションです。ボディーは打痕や擦り傷など散見出来ますが、比較的キズは少なく綺麗な方かと思います。ボディー・トップの6弦側のブリッジ横にある米粒大の打痕が少し目立つかな~?くらいです。それに比較すると、ネックやヘッドにはかなりの使用感があります。ヘッドの角はぶつけていくらか潰れていますが、まぁ20年以上使われてきた楽器としては仕方ないかなって感じです。ネック裏は長年の使用で塗装が剥がれてしまったようで、所々タッチアップしたような跡があります。2フレット裏1弦寄りに2cm×4cmほどのタッチアップがあるほか、ハイフレットの方まで所々オーバー・スプレーしたような跡が見て取れます。指板にも少し凹みが確認出来ますが、演奏上気になるほどでは無いと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは1~6フレットまでがリフレットされ、現状10割の高さに戻っています。

少しやれた感じのギターの方が好き!という方には是非オススメの雰囲気抜群の1本です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:92245020