GIBSON 1964 J-160E 2002年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

貴重な合板TOPのJ-160Eリイシュー!!非常に人気の高かった日本向け限定モデルです!!

ビートルズ・ギアとしてあまりにも有名なモデル、ギブソンJ-160E。エレキ用のピックアップをそのままマウントしたエレアコの元祖的なこのモデルが発売されたのが1954年。その後、ジョンとジョージが1962年製のJ-160Eを使用し、ジョンは更に1964年製のJ-160Eを使用、色を塗り替えたり剥がしたり、落書きしたりしながら、生涯を通して愛用しました。J-160E自体は1979年に一度生産完了となり、1990年からリイシューが始まります。ただ、このリイシューはJ-45のボディーをそのまま流用していた為、ボディーはオール単板で、生鳴りが良く、ビートルズ・ファンからはイマイチ不評でした(笑)。そこで当時のギブソンの日本の代理店を務めていた山野楽器さんがこだわり屋の日本人の為にオーダーしていたのがこの1964J-160Eです。トップは合板、ブレーシングもラダー・ブレーシングを採用したこのモデルは、特にビートルズ・ファンからの人気が高く、「あの音」が出るJ-160Eリイシューとして人気を呼びました!

ラミネイト・スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、タスク製アジャスタブル・サドル、ラダー・ブレーシング、P-90PU、実測43.8mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。モデル名は1964となってますが、サウンドホール・リングはワン・リング。ルックス的にはジョージやジョンの1号機、1962年J-160Eレプリカの趣が強いファン悩殺のモデルです!

サウンドは期待通りのペケペケ・サウンド(笑)!このペチペチテケテケのサウンドこそが「あの音」なんです!粒立ちはいいけど、決して重たく鳴らないロー、ペチペチと跳ねるようなミドル、シャカシャカと鳴るハイが混然一体となって、アジャスタブル・ブリッジならではの軽快でブライトなサウンドを生み出します。プラグイン時にはいかにもエレキ臭い独特なサウンドを奏でますので、一般的なエレアコでは決して得ることのできない、いなたくもレトロでブルージーな「あの音」を存分にご堪能頂けます!

楽器のコンディションは年式なりの小キズや使用感、経年感があります。ボディーにはコツコツとぶつけたような小キズや擦り傷、いくらかのウェザーチェックも確認出来ます。ヘッドにもいくらかぶつけた打痕や擦り傷が散見できますが、ネック裏はキズが無く、手触りもスムーズです。パッと見て遠目に目立つような派手なキズはありませんが、小キズの類はそれなりなので、新品同様でお探しの方には不向きですが、普通に使っていれば付きそうなキズばかりですので、中古品として見て不自然な感じはありません。ギブソンはむしろいくらかキズがある方がカッコいい!とお考えの方にはちょうどいいくらいのキズの入り方かと思います(笑)。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いている箇所がありますが、このモデルは元々ジャンボ・フレットが打たれていますので、まだまだ充分な高さが残っています。

ビートルズ・フリークのみならず、個性的なエレアコ・サウンドをお探しの方にもオススメの唯我独尊的エレアコ・サウンドをご堪能頂けます!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:00142035