GIBSON B-25 CS 1963年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

プラスティック・ブリッジの軽快な鳴り!!63年製B-25が入荷しました!!

ギブソン・スモール・ボディーを代表する人気のLGシリーズ。B-25はLG-2とLG-3が1962年にモデル名が変更となりB-25、B-25Nと呼ばれるようになりました。日本では多くのミュージシャンがB-25を愛用している影響も有ってか、LG-2や3よりもB-25の方がポピュラーで人気の高い機種になっています。今回入荷は63年製の個体。チェリー・サンバーストのフェイドの具合が特徴的な、60年代前半らしい軽快な鳴りの1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、プラスティック・ブリッジ、セラミック・サドル、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの14 1/4スモール・ボディー。6弦側の肩はやや強めにチェリーが残っていますが、他はいい感じにチェリーがフェイドした、見た目も渋い個体です。

サウンドは軽快なアジャスタブル・サウンド!B-25は63年頃~66年頃まではプラスティック・ブリッジの個体が多く、且つ64年からはピックガードが厚めの後貼りに変わるため、同じ60年代B-25と言っても結構サウンド・キャラクターが違います。プラ・ブリ特有の軽いサウンドながら、薄ガードで音がスポイルされる感じが無く、軽快に気持ちよく音が抜けてくれます。フラットピックで掻き鳴らせば、音の塊感こそコンパクトですが、軽快で爽やかな、それでいてギブソンらしい荒削り感も伴ったカッティング・トーンが得られますし、フィンガーで爪弾いても、厚ガード期のものより明らかにロング・サスティーンで、軽やかに艶のあるサウンドを響かせます!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感やちょっとした修理歴などありますが、トータルで見ればこの年式にしてはまずまず綺麗なコンディションと言えるでしょう。まず薄ラージ・ガード期のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラックは指板脇、サウンドホール下共に入っています。かなり強固にがっしりと接着修理され、裏からは大きめの補強も入っていますので、強度的な心配はありません。また、ボディー・トップのセンター・シーム部がブリッジから下、エンド部まで一度口を開いたようで接着修理されています。こちらもしっかり接着されていますので、強度的な心配も無く、あまり汚れも入ってないので、見た目もそんなには気にならないかと思います。その他は全体に細かいウェザーチェックが入り、小キズ等それなりですが、ビンテージとして見て、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ボディー・バックなんかはウェザーチェックもほとんど無く、かなり綺麗な状態を保っています。オリジナルのクルーソン・ペグもほとんど錆も無く、新品のような輝きを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは綺麗に摺り合わせされ気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の8~9割程度の高さが残っていますので、今後長く使っていって頂くにも安心です。

ライブやレコーディング使いにももちろん活躍間違いなしですが、このサイズのギターはやっぱりお家での寛ぎタイムにポロポロやるのに最適ですね!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:126547