GIBSON B-25N 1965年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

軽快なサウンド!!レギュラー・ネック&14度ヘッドの65年製B-25!!

ギブソン・スモール・ボディーを代表する人気のLGシリーズ。B-25はLG-2とLG-3が1962年にモデル名が変更となりB-25、B-25Nと呼ばれるようになりました。日本では多くのミュージシャンがB-25を愛用している影響も有ってか、LG-2や3よりもB-25の方がポピュラーで人気の高い機種になっています。今回入荷は65年製のB-25N。レギュラー・ネック&14度ヘッドという、この年だけしか無い特徴的なスペックの1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、プラスティック・ブリッジ、セラミック・アジャスタブル・サドル、実測42.5mmナット、24.75インチ・スケールの14 1/4スモール・ボディー。65年の後半にはナロー・ネックと呼ばれる約40mmほどの細いネックに仕様変更されてしまいますが、こちらの個体は変更前のレギュラー・ネック。しかも65年製のレギュラー・ネックは殆んどが42.5mmという前年までの43mmネックよりほんの僅かに細いのが特徴。私のような鈍感な手の持ち主には43mmも42.5mmも変わらないような気がしますが(笑)、嵌まる人はこの42.5mmネックがジャスト・フィットするようです!

サウンドはB-25らしいカランコロンと軽快に鳴る抜けの良いサウンド!プラスティック・ブリッジならではの軽快に抜けるサウンドで、B-25らしさを存分にご堪能頂けます。ウッド・ブリッジのような重たい低音は出ませんが、低域から高域まで軽く鳴るサウンドこそがB-25の醍醐味かと思います。フラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい適度に暴れる荒削りなサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾けばマホ・ボディーらしい素直で透明感のあるサウンドが得られます。16インチ・ボディーのような音圧感は望めませんが、ハイからローまでバランスの良いこのサウンドが多くのミュージシャンを虜にしているんだと思います!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感や修理歴があります。修理歴としては、ブリッジの1弦側の耳の下からボディー・エンドまでクラック・リペアーが有ります。現在はしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目的にも、汚れとか入っていないので、案外目立ちませんから、使っているうちに全然気にならなくなるんじゃないかと思います。トップ・センターのブリッジ下にも1cmくらい木の接ぎ部が口を開いたような箇所がありますが、こちらは裏からはブリッジ・プレートでがっちり止まっていますので、表面上接着処理されています。エンドピン横のちょっと変わった位置にジャックが増設されています(笑)ブリッジ裏に貼り付けタイプのPUが取り付けられているんですが、、、パッシブなので音圧はありませんが、意外にナチュラルなサウンドでしたので、外さずにそのままにしてあります。その他気になりそうな箇所としては、ヘッド・トップとバックに何か薬品でもこぼしたのか?ポツポツと水滴状の塗装の剥がれが有ります。また、ネック・ヒールのカーブの部分にストラップピンが増設されていますので、ハイフレットを多用する人にはちょっと邪魔かも知れません。その他は、細かいキズや全体を覆うちりめん状のウェザーチェックなど、年式相応の小キズや経年感はありますが、トータルで見ればまずまず綺麗な方じゃないかと思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは綺麗に擦り合わせされ、現状気になるような凹みはありません。一番減っている箇所でもオリジナルの7~8割程度の高さが残っていますので、今後お使い頂くにも安心してお使い頂けます。

この値段でご提供出来るB-25は久しぶりの入荷です!是非ご検討下さい!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:313859