GIBSON Country Western 1959年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

見た目もゴリゴリながらサウンドもゴリッゴリのパワフル・サウンド!!59年製カントリー・ウエスタン!!

ギブソンを代表する人気モデルJ-45の上位機種として1943年から生産が始まったサザン・ジャンボ。ダブル・パラレログラム・インレイやマルチ・バインディングなど、J-45の上位機種らしい豪華な装飾とダイナミックなサウンドで人気を博す、J-45に並ぶギブソンの人気モデルです。そんなサザン・ジャンボのナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1954年からオプションでの生産が開始されたのが今回入荷のカントリー・ウエスタン。カントリーとかウエスタンとかいかにもアメリカらしいネーミングは日本ではどうもイマイチ知名度が上がってこない感もありますが、、サザン・ジャンボのナチュラル・バージョンとして考えると、サンバーストのサザン・ジャンボよりも相場が少しお安めの狙い目のモデルです!しかも今回入荷の個体はギッタンギッタンに弾き倒されているため、相場よりも更にグッとお安い価格でのご提供です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16 1/8インチ・ラウンド・ショルダー。ネックは黄金ネックと呼ばれるしっくり手に馴染む59ネック、ブレーシングは一番人気の50年代後半ノン・スキャロップ・ブレーシングと、一番おいしいスペック、年式の1本です!

サウンドはガリンガリンに豪快に轟く超パワフル・サウンド!ここまで弾き倒されていますので、ボディーの枯れ感、反応の良さは抜群で、パワフルでストレートに飛ぶラウドなギブソン・サウンドを存分にご堪能頂けます。フラットピックで掻き鳴らせば、パワフルでダイナミックな塊感のある爆音を響かせます。音の一音一音が野太く出ているせいか、音のエッジのきつさはあまり感じられず、全体的に一塊になってゴツーンと音が飛ぶ印象です。ここまで使い込まれていると、ボディーの枯れた感じも良く出ていて、充分なサスティーンもありますので、フィンガーで爪弾いても一音一音がしっかり発音され、且つ艶やかで透明感のある倍音とサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、ジャンルやプレイ・スタイルを選ばず、真のギブソン・ビンテージ・サウンドを存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、、ご覧の通りやれまくりです(笑)。指板脇やサウンドホール、PG周辺は長年のピッキングに因り塗装が剥がれ、木部も削れています。特に目につくのが1弦側サウンドホール。どんな弾き方したらここまでなるのか?アメリカ人のパワーにはただただ脱帽ですね。1弦側のサウンドホールは長年のピッキングに因りサウンドホール・リングの辺りまで削られ、自然にクラレンス・ホワイトのようなラージ・サウンドホールになっています(笑)。指板脇やPG周辺もかなり木部が削り取られていますが、穴が開くなど貫通はしていません。その他修理跡としては、6弦側のサウンドホール脇に4cmほどのクラック・リペアーがあり、1弦側のエンド部からは12cmほどの長さのクラック修理跡があります。それぞれしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目もほとんど気にならないかと思います。またPG内側のラインに沿って入るクラック修理もあります。こちらは補強のクリートは打たれていませんが、かなりがっちり強固に接着修理されています。その他はネック裏にいくらかの塗装剥がれが有ったり、ヘッド6弦側にタバコで焼いたような塗装剥がれ等もありますが、トップのガリンガリン具合を除けば、この年代のギブソンとしてはまずまず綺麗な方かと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはリフレットされてからまだあまり時間が経ってないようで、気になるような凹みも無く、まだまだ充分な高さが残っています。

ギブソンは見た目やれてる方がカッコいい!とお考えの方や、サウンド重視のプレイヤーに是非一度お試し頂きたい、リーズナブル且つキラー・トーンの逸品です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:S8946