GIBSON Country Western 1966年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

抜群に音抜けの良い66年製C&W!!クラック・リペアー有りの為、格安の1本です!!

C&Wは元々サザン・ジャンボのナチュラル・フィニッシュとして1954年からオプションでの生産が始まります。その後、55年にはカントリー・ウエスタン・ジャンボとしてサザン・ジャンボとは別モデルとしてレギュラー生産されるようになりました。1962年にはサザン・ジャンボ同様ラウンド・ショルダーからスクウェア・ショルダーへと仕様変更されます。サザン・ジャンボの方はやはりラウンド・ショルダーの方が断然イメージ強いですが、こちらのC&Wは、シェリル・クロウの使用や彼女のシグネイチャー・モデルなどの登場により、スクウェア・ショルダーの方がイメージが強く残っている方も多いんじゃないかと思います。今回入荷はそんなスクウェア・ショルダー期の66年製の1本。トップに複数のクラック・リペアー跡有りの為、相場よりぐっとお安いリーズナブル・プライスでのご提供です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダAdj.サドル、実測40.3mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー・ボディー。トップに何本かのクラック・リペアーがありますが、その他は年式の割に相当綺麗な個体です!

サウンドは反応が良く、抜群に音抜けの良いパワフル且つスカッとしたサウンド!一般的にサドルがハカランダだと、少しロー寄りのサウンド・バランスになり、やや抜けが悪く感じる個体も少なくないですが、今回入荷の個体は、非常に抜けが良く、ウッド・サドルのマイナス・イメージを全く感じさせません。かと言ってセラミック・サドルほどチャリチャリした感じも無く、基音もしっかりと出ていて抜けも良い、何とも気持ちの良いサウンドを響かせます!フラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい荒削りでラウドなサウンドに、アジャスタブル・ブリッジならではの艶のある高音が絡み、エッジ感の強いパワフル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても反応が良く適度なサスティーンを伴った艶やかなサウンドが得られますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルで、この楽器の持つポテンシャルを存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、上記の通り複数本のトップのクラック修理跡があります。まずブリッジのネジ止めを目隠ししているパール・ドットの下からボディー・エンドまで、1、6弦側共にクラックが入っています。そして6弦のピン下からエンド部までと、6弦側エンド部から上に5cmほどと、ブリッジ下には計4本のクラック・リペアーが確認出来ます。それぞれしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありませんが、1弦側パール・ドット下と6弦下のクラックは汚れが入ったり少し塗装が取れたりでやや目立ちます。また、ブリッジ前にも2本クラック・リペアーがあります。2弦上からサウンドホールまで1本、6弦脇からサウンドホール・ロゼッタまで1本クラック修理跡があります。6弦側の方はほとんど目立ちませんが、2弦上の方は、少し隙間が開いた状態で接着剤を流し込んで固めているので、黒い筋のように見えてやや目立ちます。修理歴としてはそれくらいで、その他は年式から考えるとすこぶる綺麗なコンディションを保っています!トップとサイドにはちりめん状の細かいウェザーチェックが入っていますが、バックからネック裏に掛けてはウエザーチェックも控えめで、ちょっとビックリするくらい綺麗です。1弦寄りの9フレット裏に10円玉大の塗装剥げがありますが、他が綺麗なだけにやや目立つ程度で、年式から考えれば全く気にならないかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットも一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

探して見ると意外に少ないスクウェア・ショルダーのC&W!トップ・クラック・リペアー有りますが、トータルではいい雰囲気のお買い得な1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:844816