GIBSON DOVE 1969年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

43mmレギュラー・ネック&アジャスタブル・ブリッジの69年製ダヴ!!

ハミングバードの商業的な成功を受け、1962年からその上位機種として生産が始まったダヴ。キング・オブ・フラットトップJ-200と同じメイプルSIDE&BACKのボディー・スペックで、J-200に次ぐ上位機種として人気を博してきた、ルックス的にもサウンド的にもいかにもギブソンらしいモデルです。今回入荷は69年製のダヴ。ネックがナロー・ネックからレギュラー・ネックに戻された69年後半の個体なので、60年代後半の価格でありながら60年代前半同様のネック・シェイプで、ある意味とってもお得な個体です!

スプルースTOP、メイプルSIDE&BACK、メイプル3ピースNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、エボニー・アジャスタブル・サドル、実測43mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。ネックはレギュラー・ネックながら70年代のようなネック・ボリュートの無い60年代仕様、PGは68年のネジ止めPGのネジ穴をパール・ドットで塞いだこの年式ならではの物。ブレーシングはシングルXブレーシングでエボニー・アジャスタブル・サドル等々、69年でしか無いスペックが盛りだくさんの過渡期的スペックの個体です!

サウンドはメイプルらしい粒立ちの良さとゴンゴンとくる低音がブレンドされたダヴらしいサウンド!ゴンゴンと硬質で重みのある低音に、メイプルならではのソリッドな中域、艶やかな高音などが混然一体となり、J-45やハミングバードなどのマホ・ボディーとはまた一味違うギブソン・サウンドを響かせます。サウンドは好みがありますので一概には言えませんが、、前年の68年までのT.O.M.ブリッジよりもエボニー・サドルの方が低音のパンチが効いて気持ち良いと思うのは私だけでしょうか、、?ネックもレギュラー・ネックなのでナロー・ネック期よりも確実に太い出音で、且つアジャスタブル・ブリッジらしいチリチリ感もしっかり出ている秀逸なサウンドかと思います!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感やちょっとした修理歴などありますが、弾くための楽器としてはきっちり調整されています。修理箇所としてはまずトップにクラック・リペアーがあります。1弦側のエンド部から12cmほどと、1弦側脇のPG下に5cmほどのクラック・リペアーがあります。それぞれしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありませんし、見た目もそんなには目立たないかと思います。また、ボディー・サイドにはジャックが取り付けられていますが、現在はPUは付いておらず、ジャックはダミーとなっています。エンドピン・ジャックにしていた時期もあるようで、エンドピンはオーバーサイズの物にリプレイスされています。その他は全身にびっしりとウェザーチェックが入り、小キズも点在していますが、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ペグは69年頃~70年代初頭くらいのほんの一時期のみ使われていたGマーク入りのシャーラー製のオリジナル・ペグが付いていますが、何故か4弦のギア・カバーにだけ刻印が入っていません。形状から考えて、後年交換されたとは考えられにくいですが、、ギア・カバーが外れて他のギア・カバーを流用したか、そもそも刻印なしのイレギュラーなものだったのかも知れません。当然動作には支障は無いのでご安心を。。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは擦り合わせされた上でローフレットには更にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナル時の7割程度の高さは残っていますので、まだ当分はリフレットの心配もありません。

PGの柄や全身を覆いつくすウェザーチェックなど、近年物には決してない存在感とオーラを放つ逸品!見た目もサウンドもめっちゃカッコいいギブソンらしい1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:890904