販売済GIBSON DOVE CUSTOM 1975年頃

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

サウンド、コンディション共に抜群の’70’ビンテージ!!70年代ダヴ・カスタムの入荷です!!

ハミングバードの商業的な成功を受け、1962年からその上位機種として生産が始まったダヴ。キング・オブ・フラットトップJ-200と同じメイプルSIDE&BACKのボディー・スペックで、J-200に次ぐ上位機種として人気を博してきた、ルックス的にもサウンド的にもいかにもギブソンらしいモデルです。今回入荷は75年頃の1本。一昔前まではあまり人気の無かった70年代ギブソンですが、近年ではその使い勝手の良いサウンドで人気急上昇中の花マル・アイテムです!

スプルースTOP、メイプルSIDE&BACK、メイプル3ピースNECK、エボニー指板&ブリッジ、ダブルXブレーシング、実測43.4mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。この年代のダヴのPGはグズグズに崩壊している個体が多い中、奇跡的にほとんど劣化が見られない素晴らしい状態を維持している逸品です!

サウンドはメイプルらしい粒立ちの良さとゴンゴンとくる低音がブレンドされたダヴらしいサウンド!ゴンゴンと硬質で重みのある低音に、メイプルならではのソリッドな中域、艶やかな高音などが混然一体となり、J-45やハミングバードなどのマホ・ボディーとはまた一味違うギブソン・サウンドを響かせます。70年代ギブソンはダブルXブレーシング構造になる為、一般的には鳴りが悪いと思われがちですが、決してそんな事はありません。ローもしっかり出ていて、サウンドだけ聞いているとダブルXブレーシングの影響はほとんど感じず、ゴンゴンと豪快なサウンドを響かせます。サウンドは好みがありますので一概には言えませんが、、60年代T.O.M.期のダヴよりも全体的なボリュームもあり、パンチのあるサウンドですので、70年代ギブソンを食わず嫌いだった方には是非一度お試し頂きたい、メイプルらしくもオールマイティーに使えるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは年式から考えると恐ろしいくらいに綺麗なコンディションを保っています!上記の通り、この時代のダヴのPGはグズグズに崩壊してくるものがほとんどですが、こちらの個体のPGは、僅かに劣化が見られる程度で、ほぼ崩壊無しの非常に良い状態を保っています。所々ガスが抜けたような箇所が見られますが、周辺の塗装を焼いたり、弦を錆びさせたりするほどの劣化が無く、この状態を今後も維持していくものと思われます。ボディー・トップにはポツポツと小さな打痕程度は散見出来ますが、塗装自体の焼けも少なく、まるでリイシュー物のような美しい佇まいをキープしています。ボディー・バックにもちょっとした擦り傷程度は確認出来ますが、いずれのキズも年式から考えれば取るに足らないような小キズばかりです。ネックの9フレット裏にペコッと打痕が1つありますので、ネック裏のキズは絶対NGという方には不向きですが、、まぁこの程度のキズはご愛敬と言うもんでしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。6弦側は現代流行りの弦高からするとやや高めですが、弾いてみれば全然数値程の高さは感じません。サドルにはもうほとんど余裕がありませんが、現状でも70年代ギブソンとしてはプレイヤビリティー上々かと思います。フレットは全体的に減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割程度の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

見た目の雰囲気もサウンドも近年物には決して無い貫禄充分の1本!とにかく弾いてみたら目からうろこ確定のパンチのあるサウンドの逸品です!

ケースも多少ヤレてますが、70年代オリジナル・ギブソン・ハード・ケースが付属します。

SN:603213