GIBSON DOVE 1975年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

やれ具合が如何にもギブソン!って感じでカッコイイ70年代ダヴ!!

ハミングバードの商業的な成功を受け、1962年からその上位機種として生産が始まったダヴ。キング・オブ・フラットトップJ-200と同じメイプルSIDE&BACKのボディー・スペックで、J-200に次ぐ上位機種として人気を博してきた、ルックス的にもサウンド的にもいかにもギブソンらしいモデルです。今回入荷はダークなチェリー・サンバーストも渋い75年製。かなりがっつり弾き込まれた貫録のルックスとサウンドを持つ1本です!

スプルースTOP、メイプルSIDE&BACK、メイプル3ピースNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.3mmナット、25.5インチ・スケールの16 1/4インチ・スクウェア・ショルダー。かなりしっかりと使い込まれてきた個体のようで、ピッキングに因る塗装の剥がれやタッチアップ等、見た目的にはなかなか貫録のやれ具合ですが、その分ボディーの反応が良く、ゴンゴンとパワフルに鳴ってくれる1本です!

サウンドはパワフルで力強く、且つメイプル・ボディーならではのキラキラとした高音も秀逸で、ハイからローまでバランスよくラウドに鳴ってくれます!一般的に70年代ギブソンは、ダブルXブレーシング構造や、ネックの差し角が浅く、薄くぺったんこなブリッジ構造などから、少し低音が出づらく、全体的なサウンドのパンチが少し弱い為、この時代のギブソンは鳴らないと評される事が多いですが、決してそんな事はありません!いわゆるギブソンらしい荒削り感とかラウド感が弱い分、ギブソン・フリークにとっては物足りない印象を与えるんだと思いますが、音自体は意外にしっかり出ます。しかも今回入荷の個体はがっつり弾き込まれている分、ミドル~ローに掛けても充分パワフルに鳴ってくれ、ダブルXブレーシング臭さはちっとも感じません。音圧感や全体的なボリューム感で行けば、60年代ダヴよりもデカい音が出ていると思います。フラットピックで掻き鳴らせば、バウンバウンと豪快に鳴る中低音に、エッジ感のある艶やかな高音が絡み、ラウドで攻撃的なメイプル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けば、メイプルらしい粒立ちが良く艶やかなサウンドが得られますので、いろんなジャンルやプレイ・スタイルで個性を発揮できるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは何度も申し上げている通り、それなりの使用感、キズ、経年感などがあります(笑)。まぁ40年以上使われてきた楽器として見れば、特に違和感を感じるような箇所はありませんが、やはりそれなりにやれてる感はあります。6弦側指板脇および1弦側PG下にはピッキングに因り、塗装が削れ、木部も少し削れている箇所があります。また、ヘッドトップには、何かの接着剤が点状に飛び散ったのか?もしくは何らかの熱でトップ表面の塗装が水膨れ状になったのか?点々とブツブツになっている箇所があります。その他にも普通に使っていれば出来るであろう打痕や擦り傷、ウェザーチェックなども無数に有り、一部セル・バインディングの補修跡も確認出来ます。ですので決して綺麗な個体ではありませんが、、、かと言ってそんなに酷い状態でもありません程度なやれ具合です(笑)

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだいくらか余裕があります。フレットもリフレットしてからまだそんなに経っていないようで、まだ充分な高さが残っています。

見た目的にはそこそこやれてますが、弾く為の楽器としてはきっちり調整された1本!サウンド重視のプレイヤーに是非オススメです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:A002773