販売済GIBSON Hummingbird 1967年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

バインディング巻き直しの為、爆安の60年代ハミングバード!!

1960年に販売が開始されて以来、J-45と並びギブソンを代表するアコースティック・ギターとして人気を博しているハミングバード。ハチドリが描かれたピックガードの印象が強烈で、最もギブソンらしいルックスを持つ人気モデルです!今回入荷の個体は67年製のチェリー・サンバースト。セル・バインディング崩壊に因り、セル巻き直しの為、相場よりグググンとお安くなった超お買い得な1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダ・アジャスタブル・サドル、実測40mmナロー・ネック、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。67~68年特有のネジ止めのPGや鮮やかなチェリー・サンバーストが鮮烈な印象を与える1本です!

サウンドはナロー・ネック&アジャスタブル・ブリッジ期特有のジャキザクでパーカッシブなサウンド!ブリブリとした中低音にアジャスタブルらしいチリンチリンと鳴る高音が絡むドンシャリなサウンドです。同じアジャスタブル・ブリッジでもハカランダ・サドルだとローの出が良くなり、ボディー全体を震わせます。半面ハイの抜けはやや弱くなりますが、全体のバランスは良いかと思います。まぁ今はアジャスタブル・サドルはリプレイス用が色々と発売されていますので、あれこれ試してみるのも楽しいですね。アタック感が強く、サスティーンの短いサウンドはこの年代のギブソンならではのサウンドで、好き嫌いがはっきりと分かれるところではありますが、一番クセの強いギブソンらしいサウンドで有ることには間違いありません!

楽器のコンディションは、上記のような修理歴は有るものの、弾くための楽器としてはしっかりメンテナンスされています。まずバインディングは、ギルドやグレッチなどでは良く見かけますが、バインディングが経年変化で縮んで細切れに崩壊していました。当店入荷時にはポロポロと欠落した箇所があり、なかなか可哀そうなルックスになっていましたので、オリジナルで強度が持ちそうな箇所は一旦丁寧に剥がし、バックで足りなくなっている箇所に移植しました。最終的にはトップ側のバインディングが6弦側の肩部から約半周足りなくなってしまいましたので、新しいバインディングを巻き直しています。その他はオリジナルの継ぎ足しでオリジナル・セルを保っています。説明されて見ると、なるほどここからここまでが新しいバインディングねって分かるかと思いますが、上手く色合わせもやってますので、説明されなければまず気付かない位にはオリジナルの雰囲気で修理されています。その他の修理歴としては、ネック・ヒール部にストラップピン穴を塞いだ跡が有り、ペグが90年代のギブソン刻印入りのクルーソン・タイプに変わっているくらいで、ビンテージとしては取り立てて大騒ぎするような修理歴はありません。キズやウェザーチェックに関しては年式なりですが、まぁまぁ少ない方じゃ無いでしょうか?

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。アジャスタブル・サドルは、1弦側はもう下まで降りきっていてこれ以上弦高を落とすことは出来ません。6弦側はもう少し落とせます。フレットは擦り合わせされ、特に気になるような凹みも無く、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割の高さが残っています。

音には関係の無い箇所の修理歴と、見た目もほぼ完璧に復元されている事を考えると、、、超お買い得な1本かと思います!サウンド重視のプレイヤーにオススメです!

ハード・ケース付き

SN:390144