GIBSON Hummingbird 1969年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

充分なサスティーンも感じられる抜けの良いアジャスタブル・サウンド!!

1960年に販売が開始されて以来、J-45と並びギブソンを代表するアコースティック・ギターとして人気を博しているハミングバード。ハチドリが描かれたピックガードの印象が強烈で、最もギブソンらしいルックスを持つ人気モデルです!今回入荷は69年製の1本。ナロー・ネック&アジャスタブル・ブリッジの60年代ギブソンを代表するサウンドをお楽しみいただけます!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、タスク製アジャスタブル・サドル(リプレイス)、実測39.5mmナロー・ネック、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。ハミングバードは65年にスケールが24.75インチから25.5インチに変更されますが、ロング・スケールの方がテンション感のあるサウンドが得られる為、60年代後半のハミングバードの方が好きというファンも多いですね!

そのサウンドは反応が良くアジャスタブル・ブリッジらしいドンシャリで抜けの良いサウンド!サドルがタスク製の物に交換されているせいもあってか、サスティーンも充分に有り、バランスの良いアジャスタブル・サウンドを響かせます。ハミングバードなどのスクウェア・ショルダーになると、J-45などのラウンド・ショルダーほど音が暴れず、適度なまとまり感と塊感のあるサウンドが得られますので、昔から歌モノのバックに使うミュージシャンも多いですよね。とは言えフラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい荒削りでエッジ感のあるザックザクのアジャスタブル・サウンドが得られます。また、フィンガーで爪弾いてもアジャスタブル・ブリッジ特有のリバーブ感を伴ったサスティーン豊かなサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、この年代のギブソンならではのサウンドを存分にご堪能頂ける事でしょう!

楽器のコンディションは、それなりの小キズや使用感、経年感やちょっとした修理歴等ありますが、年式から考えるとキズも少なめでまずまずの美品コンディションと言えるかと思います。修理歴としては、ヘッド・トップのペグ・ポストの周りの塗装がぺりぺりと剥がれてきたようで、タッチアップ&オーバー・スプレーされて修復されています。が、光の反射でよくよく見れば気付く程度に綺麗に仕上げられていますので、説明されなければ、修理歴すら判らないかと思います。その他にはサドル交換やストラップピンの増設などありますが、まぁ現在では色んなリプレイス用のサドルが発売されていますので、色々入れ替えてサウンドの違いを楽しむのも一興でしょう。その他には全体的に年代を感じさせるウェザーチェックが入り、2フレット裏には少し塗装剥がれなんかも確認出来ますが、いずれのキズや経年感も、年式から考えれば取るに足らないようなモノばかりですので、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセットアップしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットに僅かに減っている箇所がありますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8~9割程度の高さが残っていますので、まだまだリフレットの心配もありません。

ギブソンは全体的に高騰の一途を辿っていますが、、、このサウンドとこのコンディションでアンダー40万円なら大納得の1本かと思いますよ!

ケースはチップボード・ケースが付属します。

SN:532479