GIBSON Hummingbird Custom Early 1970's
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

焼けたチェリー・サンバーストが渋い70年代前半のハミングバード・カスタム!!

1960年に販売が開始されて以来、J-45と並びギブソンを代表するアコースティック・ギターとして人気を博しているハミングバード。ハチドリが描かれたピックガードの印象が強烈で、最もギブソンらしいルックスを持つ人気モデルです!

今回入荷は70年代前半の個体。経年でチェリーサンバーストが渋いアイスティー・バーストのようになった、見た目もサウンドもロックな1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、ダブルXブレーシング、実測43.5mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。経年感こそ感じますが、ピックガードの柄も綺麗に残ったまずまずの美品コンディションの1本です!

サウンドはハイからローまでバランスよく音が出ていて、ボリューム感も有るパワフルなサウンド!一般的に70年代ギブソンは音が出ないという認識を持っている方が多いですが、決してそんな事はありません。ダブルXブレーシング構造により、ローがややタイトになり、ギブソン特有の暴れる感が少し大人しくなるため、ギブソン・ファンからは敬遠されがちですが、サウンド・バランスは非常に良く、全体的なまとまりもあり、ボリューム的にも60年代ギブソンと比べても引けを取らないと思います。60年代ギブソンのようなクセの強いサウンドから比べると、少し優等生的なサウンドに感じられると思いますが、これはこれで逆に色んなジャンルに適応出来るオールマイティーなサウンドと言えるでしょう。昔チャボが使っていたハミングバードも、キースが若かった頃弾いていたのも確か70年代ハミングだったと思いますが、、、使ってみると意外に使いやすいサウンドかと思いますよ!フラットピックで掻き鳴らせば、ある程度まとまり感のあるサウンドながら、ギブソンらしい適度に暴れる荒削り感もあるサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても反応が良くハイからローまでバランスの良い適度なサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、意外にオール・ジャンルOKなマルチなサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、年式なりの経年感こそ感じますが、キズの類は少なく、年式から考えるとかなり綺麗なコンディションを維持しています!ボディー・トップにはちょっとした打痕が3つほどあり、ボディー・バックにもいくらかの擦り傷は散見出来ますが、ビンテージとして見て、特に気になるようなキズやダメージはありません。全体的に日焼けしていて、チェリー・サンバーストは渋いアイスティー・バーストのようになり、セル・バインディングも渋く黄ばみ、チェリーのカラーが少し色移りしていますが、これはこれでビンテージとしての風格に繋がっているかと思います。エンドピンはエンドピン・ジャックに交換されていますが、現在はPUは付いておらず、ジャックはダミーになっています。

ネックからヘッドに掛けても小キズ程度はちらほら確認出来ますが、演奏上気になるようなキズは無く、こちらも年式の割には綺麗なコンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.1mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕がありませんが、現状でも70年代ギブソンとしては充分プレイヤビリティー良好かと思います。フレットは擦り合わせされ、気になるような凹みも無く、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さが残っています。

使ってみたら案外目からうろこの扱いやすい70年代ギブソン・サウンド!今まで食わず嫌いだった方にも是非チャレンジして欲しい、サウンド、コンディション共に納得の1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:677920