GIBSON Hummingbird 1974年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

強烈に綺麗な顔つきの70年代ハミングバード!!良く鳴っています!!

1960年に販売が開始されて以来、J-45と並びギブソンを代表するアコースティック・ギターとして人気を博しているハミングバード。ハチドリが描かれたピックガードの印象が強烈で、最もギブソンらしいルックスを持つ人気モデルです!今回入荷は74年頃の個体。ボディー・トップのみリフィニッシュされているようですが、それ故に透明度の高いチェリー・サンバーストが美しい、存在感満点のめちゃカッコいい1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、メイプル3ピースNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、ダブルXブレーシング、実測43.2mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー・ボディー。

サウンドはバリンッとエッジの立った豪快なサウンド!一般的に70年代ギブソンは音が出ないという認識を持っている方が多いですが、決してそんな事はありません。ダブルXブレーシング構造により、ローがややタイトになり、ギブソン特有の暴れる感が少し大人しくなるため、ギブソン・ファンからは敬遠されがちですが、サウンド・バランスは非常に良く、全体的なまとまりもあり、ボリューム的にも60年代ギブソンと比べても引けを取らないと思います。というかこちらの個体はかなり攻撃的でアタッキーなサウンドですので、ボリューム的にも60年代より出てるような気がします。ギブソンならではの荒削りに暴れる感じもありますので、一般的な70年代ハミングバード・サウンドよりはかなり60年代寄りなサウンドのように感じます。昔チャボが使っていたハミングバードも、キースが若かった頃弾いていたのも確か70年代ハミングだったと思いますが、、、使ってみると意外に使いやすいサウンドかと思いますよ!

楽器のコンディションも驚くほど綺麗なコンディションを保っていますが、ボディーのトップのみリフィニッシュされているようです。肉眼で見る限りではオリジナルのフィニッシュにしか見えませんが、色々調べてみると、、、たぶんトップはリフィニッシュです。とは言えブリッジやPGも一度剥がし、かなり薄い塗膜で丁寧に仕上げられていますので、見た目やサウンド面にはほとんど影響は無いと思います。トップはリフィニッシュされてからだいぶ時間が経っているようで、6弦側のサウンドホール脇にいくらかピッキングに因るキズが付いています。また、余程注意深く見ないと気づきませんが、ブリッジ下のセンター・シーム部脇に2㎝程と5㎝程のヘアライン・クラック修正跡があります。ボディー内部は大きいブリッジ・プレートとセンター・シームを止めている木でがっしり固定されていますので、木部の表面にうっすらとクラックが入ったものを接着修理しているだけのようです。ボディー・バックにはバックル・キズ状のキズがいくらか入っていますが、ボディー・サイドからネック、ヘッドに掛けては気になるようなキズも無く、非常に綺麗なコンディションを保っています。

そしてネックは70年代ギブソンとしては深めのパーフェクトなセット角になっていて、ネック自体も綺麗に真っすぐストレートです!現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。その状態でもサドルにはまだ余裕がありますので、ネックのセット角の良さが窺い知れるかと思います。フレットもリフレットされてからまだ間がないようで、気になるような凹みも無く、充分な高さが残っています。

見た目のカッコよさだけじゃなく、弾くための楽器としてもパーフェクトなコンディションの1本!70年代ギブソンを食わず嫌いだった方にも是非お試しいただきたい鳴りの良い個体です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:D344425