GIBSON Hummingbird 1976年製

HOLD(現在商談中です)

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ちょっとヤバイくらいに綺麗なコンディションを保っている極上コンディションの76年製ハミングバード!!

1960年に販売が開始されて以来、J-45と並びギブソンを代表するアコースティック・ギターとして人気を博しているハミングバード。ハチドリが描かれたピックガードの印象が強烈で、最もギブソンらしいルックスを持つ人気モデルです!今回入荷はチェリーも鮮やかに残った76年製。小キズは点在するもののとても40年以上前に作られた楽器とは思えない、新品のような艶感を保った極上コンディションの1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニー3ピースNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、ダブルXブレーシング、実測43.4mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。この年代のハミングバードは透明感のある美しいチェリーサンバーストながら、60年代のように退色しないのが特徴。塗装が焼けてくると逆に少し色がくすんできている個体もありますが、今回入荷の個体はほとんど焼けも無く、新品時のような美しさを維持しています!

サウンドはハイからローまでバランスよく音が出ていて、ボリューム感も有るパワフルなサウンド!一般的に70年代ギブソンは音が出ないという認識を持っている方が多いですが、決してそんな事はありません。ダブルXブレーシング構造により、ローがややタイトになり、ギブソン特有の暴れる感が少し大人しくなるため、ギブソン・ファンからは敬遠されがちですが、サウンド・バランスは非常に良く、全体的なまとまりもあり、ボリューム的にも60年代ギブソンと比べても引けを取らないと思います。60年代ギブソンのようなクセの強いサウンドから比べると、少し優等生的なサウンドに感じられると思いますが、これはこれで逆に色んなジャンルに適応出来るオールマイティーなサウンドと言えるでしょう。昔チャボが使っていたハミングバードも、キースが若かった頃弾いていたのも確か70年代ハミングだったと思いますが、、、使ってみると意外に使いやすいサウンドかと思いますよ!

楽器のコンディションはちょっとした小キズは点在していますが、年式から考えると新品同様と言っても過言ではないくらい綺麗な状態を保っています!ボディー・トップには米粒大の打痕が3つ程、サイドに5mm径くらいの打痕に因る塗装のチップが1つ、ボディー・バックには1cmくらいのキズをタッチアップした跡が有りますが、それ以外は光にかざして見ればようやく見える程度のうっすらとした擦り傷がいくらか確認出来る程度です。ウェザーチェックも1弦側PG脇のウエスト部に5cmほどのウェザーチェックが1本あるくらいで、他は塗装の引けもあまり無く、非常に綺麗な状態を保っています。PGは少し縮んだようで、PG下方に貼り直した形跡が有ります。その他は取り立てて気になるようなキズやダメージは無く、トータルで見ればやはり極美品と言えるコンディションかと思います!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.2mm程度にセッティングされています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6割程度の高さは残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

70年代ギブソンを食わず嫌いだった方にも是非お試し頂きたい、サウンド、コンディション共に抜群の1本です!

ケースも当時のオリジナル・ハード・ケースが付属しますが、ハンドルが欠損していて、針金で取っ手が作られています。

SN:00164817