販売済GIBSON J-200 "The 64" Blonde 2016年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

究極の60年代J-200レプリカ!!J-200 "The64"圧巻のサウンドとルックス!!

クロサワ楽器さんとギブソン・モンタナ・カスタム・ショップ・チームとのコラボで生まれたJ-200 ”The 64"。2013年にJ-45 "The59"を発表し、大きな話題を呼んだクロサワ×ギブソンの究極のリイシュー・シリーズ。The 59で大成功を収めた後、満を持して登場したのがこのJ-200 "The 64"です!しかし日本ではJ-200はそのボディー・サイズ故、そんなには売れないんじゃないかとも囁かれていました。が、実際販売を開始するとJ-200というモデルでありながら予想以上の反響を呼び、第一弾は早々と完売してしまい、新たな伝説を作りました。今回入荷は多くのファンからのリクエストに応える形で再生産された第二弾!ただ再生産しただけではなく、更なる進化を遂げた究極の60年代J-200リイシューです!

シトカ・スプルースTOP、カーリー・メイプルSIDE&BACK、カーリー・メイプル/ローズウッド5ピースNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、T.O.M.アジャスタブル・ブリッジ、実測43mmナット、25.5インチ・スケールの17インチ・スーパー・ジャンボ・ボディー。今回のこだわりはバインディングやペグ、PGやフィニッシュまで多岐にわたり、その完成度の高さには驚かされます!ペグはよりオリジナルの雰囲気を再現するため、ゴトーのクルーソン・タイプAgedを採用。バインディングは以前の5プライから60年代同様の7プライに。PGも60年代同様キャストの流し込みで同じ製法で作成、フラワー・モチーフも経年感を演出すべくよりビンテージ・カラーに近いものに変わっています。そしてフィニッシュはV.O.S.フィニッシュよりも更に極薄のヴィンテージ・シン・フィニッシュを採用。この極薄の塗装で木本来の鳴りを最大限に引き出すことに成功しています!

そして圧巻はそのサウンド!正直本物の60年代より鳴ると思います(笑)!アジャスタブル・ブリッジのチリチリ感はあるものの、シン・フィニッシュや、60年代よりは少し厚めのグリップなどでギター全体が良く反応し、驚くほどの爆音を響かせます!アジャスタブル・ブリッジ特有のショート・レンジのサスティーンや、高音のチャリチャリ感はちゃんと再現されていますが、ボディー全体の箱鳴り感も凄まじく、アジャスタブル・サウンドでありながら、50年代風な箱鳴り感も有り、ド迫力のジャンボ・サウンドをご堪能頂けます!60年代の本物ビンテージに満足できなかった方もきっと満足できるんじゃないかと思える完成度の高いサウンドです!

楽器のコンディションは、いくらかの使用感はあるものの、打痕等のキズは少なく、非常に綺麗なコンディションを保っています!前オーナーの方は単にコレクションとして持っていた訳では無く、使うための楽器として所有していたようで、PUの増設があります。PU自体はブリッジ裏にデュアルで貼り付けるパッシブのPUなので、重さは無く鳴りには影響していません。エンドピンはエンドピン・ジャックに変わっています。PUの音色自体はかなり自然な感じなので、プリアンプを噛ませてやれば案外使えるかも知れません。また立奏用にネック・ヒールの裏、ヒール・キャップ部分にストラップピンの増設があります。そして6弦側のサウンドホール脇にいくらかピッキングに因る塗装の剥がれが確認出来ます。まぁこちらは極薄塗装故に致し方ないところですが、、、逆にビンテージ風でカッコいいようにも思います(笑)。それ以外はボディー・トップに何かに引っかけたような1mmくらいのポチキズが2つあるくらいで、ボディー・バックやネック、ヘッドなどはシン・フィニッシュ故の塗装の引きはありますが、キズらしいキズは無く、綺麗なコンディションを保っています。T.O.M.についている針金は共振し易いので外されてケース・ポケットに収納されています。針金が無くても駒はしっかり安定しているようなので、針金は無い方がいいですね。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・ブリッジはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いている箇所もありますが、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

ブロンド、サンバースト各25本限定生産の逸品!新品だとちょっと手が届かなかった方には願っても無い美品中古ですので、このチャンスをお見逃しなく!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:13086055