販売済GIBSON J-45 2006年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

貴重な旧代理店時代のJ-45!!パワフルに鳴ってます!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は2006年製の1本。近年物のリイシューと言えども細かいマイナー・チェンジは繰り返されていますが、今回入荷の個体は旧代理店時代最終年の個体です。プラ・ツマミ・ペグ&オレンジ・ラベルが人気の、今となっては貴重な1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、クルーソン・タイプ・プラ・ツマミ・ペグ、ワン・リング&スモール・ガード、実測44mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。いわゆる50年代ワン・リング&スモール・ガード期のリイシューという事になりますが、、やはりJ-45にはこのペグが似合いますね!

サウンドもJ-45らしいザクザクと軽快に抜けるギブソン・サウンド!やはり見た目の問題だけでは無く、J-45には軽いペグの方が似合います。2007年から始まるモダン・クラシック・シリーズは、ペグがグローバーに変わりサウンドにも微妙な変化をもたらします。グローバー・ペグの方が重量が重い分、ローのパンチは効いてきますが、逆にJ-45らしい抜けの良さという点ではやはり軽いクルーソン・タイプの方に軍配が上がります。フラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい適度に暴れるサウンドで、パワフル且つ軽快に音が抜けてくれますし、フィンガーで爪弾いてもスキャロップ・ブレーシングによる適度なサスティーンと倍音感を伴ったサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、あらゆるプレイでギブソンならではのJ-45サウンドをお楽しみ頂けます!

楽器のコンディションは、年式なりの小キズや使用感はあるものの、遠目にも目立つような派手なキズは無く、まずまず美品な方かと思います。細かく見ていくと、小さな打痕や弾きキズ、擦り傷等それなりにありますが、15年選手として見ればまぁこんなもんかと思います。と言うかギブソンですからもっとギタギタに弾き倒して傷だらけの方がカッコよかったりするようにも思いますね(笑)。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは一度擦り合わせされているようで、現状気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の8~9割の高さが残っています。

15年が経過し、サウンドもかなりこなれてきています!鳴りの良いJ-45をお探しだった方にオススメの1本です!

ケースはオリジナルのハード・ケースが付属しますが、本体に比べてケースの損傷が激しく、ケース下部の合皮がベロンと剥がれています。ケースとしての機能には何ら問題ありません。

SN:03346029