GIBSON J-45 1952年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

スキャロップ期貫録の鳴り!!お買い得な52年製J-45が入荷しました!!

1942年に発売が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷はスキャロップ・ブレーシング構造を持つ52年製。50年代J-45は前期と後期でブレーシングが変わる為、サウンドの特徴も変わります。後期ノン・スキャのバリンとアタッキーなサウンドに対して、前期のスキャロップ物はよりブルージーな泥臭いサウンドが特徴です。どちらがよりギブソンらしいサウンドだと思うかは弾く方次第ですが、スキャロップ期の泥臭くも懐の深いサウンドを存分にお楽しみいただける1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測42.8mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。一般的に50年代ギブソンのネックは、古くなるほど太くなると認識されていますが、実はかなりの個体差が有ります。今回入荷の個体は、しっかりとしたグリップ感はあるものの、決して極太な感じは無く、59年辺りの一番人気の有るグリップ感に近いかと思います。

サウンドはバウンバウンと弾むような中低域に、攻撃的でエッジ感のある高音が絡み、力強くパワフルに咆哮します!ノン・スキャ期のストレートに前に飛んで行くサウンドとはやはり少し違いますが、ギブソンらしい荒削り感や、ザクザクと暴れる感じはたっぷりで、そこにスキャロップ・ブレーシングならではのリバーブ感が加わり、ドワンドワンと誠に気持ちよく鳴ってくれます。フラットピックで掻き鳴らせば、ボリューム感のあるパワフルなストローク・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾けば、箱の中で共鳴するような何ともブルージーなリバーブ感を伴ったサウンドが得られますので、フィンガーピック・ブルースなんかやったら自分の腕が5割アップになったような気がする事ウケアイです!(笑)

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感や修理歴等有りますが、ルックスからオーラ全開の貫録バリバリのコンディションです。比較的湿度の高い場所で使われてきたのか、全体的にウェザーチェックがびっしりと入り、場所によってはうろこ状になっています。修理歴としては、ボディー・トップの6弦側サウンドホール脇に10cmほどのクラック・リペアーが有ります。現在はしっかりと接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありませんし、サンバーストの濃い部分なので、見た目的にもそんなに目立たないかと思います。ボディー・バックの6弦側のウエスト部からエンド部に掛けて、7cm~12cmほどのクラック・リペアーが4本ほど有りますが、こちらもいずれのクラックもボディーの縁ぎりぎりの蛇腹近辺に集中していますので、サウンドにはあまり影響を与えていないと思います。それぞれのクラック修理はしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目的には修理跡は多少目立ちますが、、、この年式ともなると、この位の貫録が有った方がカッコイイと思うのは私だけでしょうか?笑、笑、

その他、ピッキングに因るPG周辺の塗装の剥がれや、ボディー・バックのバックルに因る塗装剥がれ、ネック裏にも一部塗装剥がれが確認出来ますが、まぁ年式から考えれば極自然なものばかりですので、ビンテージとして見れば、特に気になるようなキズやダメージは無いかと思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットもリフレットされてからまだそんなに経ってないようで、気になるような凹みも無く、充分な高さが残っています。

クラック修理有りの為、格安でのご提供ですが、50年代前期物でこの値段は今後なかなかあり得ないと思いますよ!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:Z2728