GIBSON J-45 1952年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

スキャロップ期ならではのパワフル且つ深い鳴り!!顔付きの綺麗な52年製J-45の入荷です!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷はスキャロップ・ブレーシング構造を持つ52年製。50年代J-45は前期と後期でブレーシング構造が変わる為、サウンドの特徴も変わります。後期ノン・スキャのバリンとアタッキーなサウンドに対して、前期のスキャロップ物はよりブルージーな泥臭いサウンドが特徴です。どちらがよりギブソンらしいサウンドだと思うかは弾く方次第ですが、スキャロップ期の泥臭くも懐の深いサウンドを存分にお楽しみいただける1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測42.9mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。一般的に50年代ギブソンのネックは、古くなるほど太くなると認識されていますが、実はかなりの個体差が有ります。今回入荷の個体は、しっかりとしたグリップ感はあるものの、決して極太な感じは無く、59年辺りの一番人気の有るグリップ感に近いかと思います。

サウンドはバウンバウンと弾むような中低域に、攻撃的でエッジ感のある高音が絡み、力強くパワフルに咆哮します!ノン・スキャ期のストレートに前に飛んで行くサウンドとはやはり少し違いますが、ギブソンらしい荒削り感や、ザクザクと暴れる感じはたっぷりで、そこにスキャロップ・ブレーシングならではのリバーブ感が加わり、ドワンドワンと誠に気持ちよく鳴ってくれます。フラットピックで掻き鳴らせば、ボリューム感のあるパワフルなストローク・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾けば、箱の中で共鳴するような何ともブルージーなリバーブ感を伴ったサウンドが得られますので、フィンガーピック・ブルースなんかやったら自分の腕が5割アップになったような気がする事ウケアイですよ(笑)!

楽器のコンディションはボディー・バックに複数本のクラック・リペアーがありますが、その他は年式の割にはかなり綺麗なコンディションを維持しています!ボディー・トップは、この年代のギブソンに付きもももPGのラインに沿って入るクラックがPG内側に確認出来ますが、その他はちょっとした小キズとピッキング跡があるくらいで、相当綺麗な顔付きを保っています。PG脇のクラックはPG脇からブリッジまで、3㎝くらい割れていますが、見た目ほとんど目立ちませんので、まず気になるような事は無いかと思います。しっかり接着修理されていますので、強度的な心配もありません。長年のピッキングに因り、サウンドホール周辺にいくらか塗装が削れている箇所もありますが、同年代の平均的な状態から考えれば、全く気にならないでしょう。ウェザーチェックも控えめでうっすら入っている程度ですので、52年製としては抜群の顔付きかと思います。ボディー・サイドの1弦側肩部にはケースで擦れて3㎝程塗装が剥がれている箇所がありますが、こちらもギブソンあるあるで特に気になるほどでは無いかと思います。

全体的な綺麗さに比べるとボディー・バックの損傷が多く、複数本のクラック・リペアー跡があります。恐らくバックの木だけが湿度変化や気温の変化で動いてしまい、木部のクラックに発展してしまったようです。しかもバックの1弦側半分だけにクラックは集中していて、数センチ~10cm超えのクラックが6本程入っています。それぞれのクラックはしっかり接着され、内部からは補強のクリートも丁寧に打たれていますので、強度的な心配はありません。表面上は木が完全にフラットに戻らなかった場所もあり、少し波打った表面に見える箇所もありますが、クラック自体はヘアライン・クラックと呼ばれるようなうっすらと入ったクラックばかりですので、表面上の見た目もそんなに気にならないかと思います。むしろギターを構えた際、サウンドホールから覗くと補強のクリートが並んでいるのが見えますので、そっちの方が見た目的には気になるかもです(笑)。

バックのクラック・リペアー跡以外は、ネックも非常に綺麗でスムーズですし、ストラップピンの増設もありません。1ライン・クルーソン・ペグは4弦のシャフトがほんの少しだけ曲がっていますが、操作性はスムーズで問題ありません。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.1mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットもリフレットされてからまだ間がないようで、充分な高さが残っています。

バック・クラック・リペアー以外は驚くほど綺麗な状態で、プレイ・コンディションも抜群の1本!近年なかなか手に入らないナイス・コンディションの逸品かと思います!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:Z3019-39