GIBSON J-45 1952年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ネック・リセット済みでパワフルでテンション感のあるサウンド!!52年製J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷はスキャロップ・ブレーシング期の52年製の個体。スキャロップ期らしいブルージーで広がりのあるサウンドながら、ネック・リセット済みでテンション感も抜群のパワフルに鳴る1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、オリジナル・スキャロップ・ブレーシング、実測42.9mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。バックにクラック修理が多数あるため、この年代のJ-45としては格安でのご提供ですが、顔付きは比較的綺麗な顔で、プレイヤビリティー、サウンド共に文句なしの1本です!

そのサウンドはワイルドでラウドなザックザクのギブソン・キラー・トーン!バリンッと音が立ち上がり、ギブソンらしい荒削り感を伴って豪快に咆哮します。一般的に50年代J-45は前半のスキャロップ物がややいなたくブルージーなサウンド、後半のノン・スキャ物がストレートでパワフルなサウンドになりますが、そのどちらのキャラクターも併せ持ったようなパワフル且つブルージーなサウンドです。ネックをリセットしたことで、ネックのセット角が深くなり、その分サドルがブリッジから高く出ていますので、弦のテンションが高くなり、結果爆発力のあるテンションの高いサウンドになっています。フラットピックで掻き鳴らせば、耳をつんざくようなラウドでパワフルなギブソン・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾いても音の立ち上がりが良く、スキャロップ・ブレーシングならではの伸びのあるサスティーン、深みのあるリバーブ感を伴ったサウンドを奏でますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、全方位敵無しのキラー・トーンを存分にご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感や修理歴などあります。特にボディー・バックが激しめで、クラック・リペアー跡が多数あります。5cm~15cmほどの大小さまざまなサイズのクラック・リペアーが計7本あります。それぞれのクラックはしっかり接着され、ボディー内部からは補強のクリート、場所によっては板状の補強板が貼られていますので、強度的な心配はありません。ボディー・トップにも3本クラック・リペアーが有りますが、こちらは良くあるリペアーばかりで、見た目もそんなには気にならないかと思います。まず、ブリッジ下のセンター剥ぎ部は一度剥がれ、接着補強されています。1弦側指板脇~サウンドホールに掛けてもクラック・リペアーが有りますが、こちらもこの年代のギブソンにはよくある修理ですね。そしてPGのアウトライン上に15cmほどのクラック・リペアーが有ります。こちらもしっかり接着修理されていますので、強度的な心配も無く、見た目もサンバーストに上手く隠れてほどんど気にならないかと思います。その他にも小キズやウェザーチェックなど年式なりですが、この年代のギブソンならこのくらいのやれた感じは逆にカッコいいんじゃないかと思います。

ネックはリセット済みで差し角は理想的、ネック自体も綺麗に真っ直ぐストレートです。現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは全体的に摺り合わせされ、取り立てて気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の7割程度の高さが残っています。

どんどん高騰を続けるビンテージ・ギブソン。50年代スキャロップ期の個体でこのお値段!弾いてみれば大納得の、サウンド重視のプレイヤーに強力プッシュの1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:Z5018-28