GIBSON J-45 1955年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

かなりフランケンな状態ながら、サウンド、プレイヤビリティー共に申し分のない貫禄の50年代J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は50年代後半のルックスでサウンドは50年代前半の特徴を持つ過渡期的な1本!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測43.1mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。この年代のギブソンにナンバリングされているファクトリー・オーダー・コードはインクが薄くなり過ぎていて判読不明ですが、ラージ・ガードなのにスキャロップ・ブレーシングというスペックから、恐らく55年初期に作られたものと思われます。後からスキャロップ加工された可能性も検証しましたが、リペアマンによると、組み上がった後からスキャロップされた可能性は限りなく0に近いとの事。実際今までに扱ってきた55年製のギブソンの中にはスキャロップ・ブレーシングの物や半スキャロップの物などもありましたので、スキャロップからノン・スキャロップに変わる過渡期的な個体かと思われます。なので、見た目はラージ・ガードが好きだけど、サウンドは50年代前半の泥臭いサウンドの方が好き!という方にはまたとない出物かと思います!

そのサウンドは正に50年代前半のスキャロップ期の特徴的なサウンドで、泥臭くブルージーに響くギブソン・サウンド!ノン・スキャ期のような元気溌剌の直進性に優れたバリバリのサウンドでは無く、スキャロップらしい音のたわみ、箱鳴り感が強く、枯れた中にもふくよかな音の弾力性も感じられるブルージーなサウンドです。フラットピックで掻き鳴らせば、バウンバウンと弾む豊かな低音に、ギブソンならではのコンプの効いたような中域、コリッと艶のある高音などが混然一体となり、柔らかめながらギブソンらしい荒削りでラウドなサウンドを響かせます。フィンガーで爪弾けば、5、6弦のバウンと弾むサウンドが心地よい、何ともブルージーで枯れたサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、歴戦の証で相当な修理歴があります。まず、一番大きな修理跡としては、、、横からの圧力で一度ボディーがクラッシュしたようで、、1弦側のボディー・サイドの下部膨らみ部分からウエスト部に掛けての20cmほどの距離に掛けて、半月状に新しい木に変わっています。パッと見にはそんなに目立ちませんが、光の反射の具合であれ?っと思い、よくよく見ると木部が足されているのに気付くような感じです。長さ20cm、最大幅7cmくらいの半月状の木が足されて木部の損傷を補っているような感じですが、木自体は曲線に上手く馴染むように貼られ、裏からもがっしりと固定されています。そこの修理に伴い、ボディー・バックの1弦側のエッジ部にも8cmほどの長さの木が継ぎ足されています。恐らく横向きに落下させたか、相当な衝撃があったのでしょう、反対側の6弦側のサイドの膨らみ部にもクラックは波及し、こちらにも4cm×1cmくらいの楕円状の木が足され修理されています。それと判って見ると、かなりの大修理ですが、修理自体は比較的綺麗で、部分的に塗装もされていますので、ぱっと見にはそんなに違和感はありません。そのクラッシュの影響か?、、ボディー・トップにも複数のクラック・リペアーがあります。まず1弦側のブリッジ・エンド部の下のボディー・エンド部から12cmほどのクラック、4弦辺りのブリッジ下からエンド部まで、6弦側のブリッジ脇に10cmほどのクラック・リペアーが2本、6弦側の膨らみ部サイドぎりぎりの所に15cmほどのクラック・リペアーがあります。恐らく横からの衝撃でトップ材にも複数割れが入ったものと思われますが、それぞれにしっかり接着修理され、見た目も意外に目立ちません。トップ・クラックを修理する過程からか、ボディー内部のブリッジ・プレートは一回り大きなものに交換されています。この年代のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラック修理もありますが、最早その程度は気にもなりませんね(笑)。。トップやサイドの損傷に比べると、バックは綺麗なもんで、上記1弦側エッジ部に10cmほどと5cmほどのクラック修理跡があるくらいで、その他にはクラックは無さそうです。

ボディーにダメージが多く、かなりの大手術が行われていますが、見た目はそんなに違和感も無く、年代らしい貫禄に満ち溢れています。ピッキングに因る塗装の剥がれや全身を覆うウェザーチェック等ありますが、大修理以外は取り立てて気になるようなキズやダメージは無いかと思います。ペグは近年物のクルーソン・タイプに交換されていて、操作性もスムーズです。

ネックはネック角調整済みでネックも綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能ですし、今後長くお使い頂くにも安心です。フレットもリフレット済みで気になる凹みもありませんので、こちらも今後長く使っていくのに嬉しいポイントですね!

大きな修理跡有りとは言え、この貫禄のルックスとサウンドは本物です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。