GIBSON J-45 1955年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ド迫力のルックス&サウンド!!55年製J-45の入荷です!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は55年製の個体。55年はブレーシングがスキャロップ・ブレーシングからノン・スキャロップ・ブレーシングに変更される年で、スキャロップ、ノンスキャどちらの仕様も存在しますが、今回入荷の個体はスキャロップ・ブレーシング。ドワンドワンと豪快に鳴る中低域にブライトでアタッキーな高音が絡むド迫力サウンドの1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、オリジナル・スキャロップ・ブレーシング、実測43.2mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。歴戦を物語るキズや修理跡などありますが、その分ラウドに咆哮する貫禄の1本です!

そのサウンドはワイルドでラウドなザックザクのギブソン・キラー・トーン!バリンッと音が立ち上がり、ギブソンらしい荒削り感を伴って豪快に咆哮します。一般的に50年代J-45は前半のスキャロップ物がややいなたくブルージーなサウンド、後半のノン・スキャ物がストレートでパワフルなサウンドになりますが、そのどちらのキャラクターも併せ持ったようなパワフル且つブルージーなサウンドです。55年だからどちらのキャラも入っているという訳では無いと思いますが(笑)、フラットピックで掻き鳴らせば、耳をつんざくようなラウドでパワフルなギブソン・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾いても音の立ち上がりが良く、スキャロップ・ブレーシングならではの伸びのあるサスティーン、深みのあるリバーブ感を伴ったサウンドを奏でますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、全方位敵無しのキラー・トーンを存分にご堪能頂けます!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感や修理歴等あります。まずトップに複数本のクラック・リペアーがあります。6弦側のサウンドホール脇からボディー・エンドに向けて一直線にクラックが入り接着修理されています。しかし木部の割れ自体は下までは行ってないようで、クラック自体の長さは15cmほどです。1弦側のブリッジ下にも5cmほどのクラック・リペアーが確認出来ますが、こちらも下まで完全に割れた訳では無く、表面上木部が少し口を開いたのを修理しているようです。また、薄ラージ・ガード期のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラックは、指板脇に確認出来ます。サウンドホールからブリッジに掛けてはクラックは入っていません。それぞれのクラックは、場所によって裏から補強のクリートが打たれていたり、打たれていなかったりしますが、それぞれにしっかり接着修理されていますので、強度的な心配はありません。その他トップには長年弾き込んできたことが窺えるピッキングに因る塗装剥がれや深めの打痕等も確認出来ますが、これらはビンテージとしての貫禄ですので、むしろ渋いと思って頂きたいところです(笑)。トップの貫禄に比べると、SIDE&BACK~ネックに掛けてはキズやダメージは少なく、年式から考えても良いコンディションを保っています。ヘッド角はごつごつとぶつけていくらか潰れていますが、まぁこちらもビンテージならではの「味」という事で。。過去にPUを搭載していた時期もあったようで、エンドピンはオーバーサイズの物にリプレイスされています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは綺麗に摺り合わせされ、気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の8割程度の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配もありません。

50年代J-45は年々高騰を続け、大手楽器店様では100万超えもザラになってきました。弾いてみれば絶対納得のキラー・トーンを是非お試しください!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:W3117-20