GIBSON J-45 Adj. 1959~’60年
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

抜群に音抜けの良いアジャスタブル・サウンド!!59年~60年製造の逸品!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷はノン・スキャロップ&アジャスタブル・サドルの1本!シリアルの頭のアルファベットが判読不能で、年式が特定できませんが、スペック的にも丁度59年~60年の過渡期的スペックの稀少な1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、艶ありセラミック・サドル、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。まずアジャスタブルのネジの頭が小さい箏から59年後半~60年の物という事は判ります。そして50年代後半と60年の一番の違いはネック厚なのですが、、、、それぞれの年式の中でもいくらかの個体差はありますが、56年~59年までのネックは、1フレット部分で大体23mm前後、60年、61年のネックは大体が21mm前後です。。で、こちらの個体は約22mmです(笑)。SIDE&BACKのカラーリングは50年代のように見えますが、トップのサンバーストは60年っぽいし、、と、まぁとにかく過渡期的なスペックになりますので、50年代だとネックがちょいしっかりし過ぎ、60年代だと少し薄く感じる、、なんて方にはこれ以上ないドンピシャな1本かと思います(笑)!

サウンドは軽快に歯切れよく、且つパワフルに鳴るラウドなアジャスタブル・サウンド!サウンド自体は50年代ノン・スキャロップ期そのものの、ボディーを震わす豪快なアジャスタブル・サウンドです。バウンバウンと弾むような重低音にコンプ感の強い中域、チリンチリンと艶のある倍音を伴った高音などが混然一体となり、ストレートに抜ける力強いアジャスタブル・サウンドをご堪能頂けます。フラットピックで掻き鳴らせば、荒削りでエッジ感の強い豪快なストローク・サウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いてもサスティーンたっぷりな艶のある粒立ちの良いサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、あらゆるスタイルでこの年代、このスペックでしか味わえない唯我独尊的ギブソン・サウンドを存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、ちょっとした改造がありますが、全体的にはキズやダメージは少なく、年式の割には相当綺麗なコンディションを保っています。改造というのは、、、ポジション・マークがドットからスロッティッド・ダイヤモンドに交換されています。まぁ、スロッティッド・ダイヤモンド・インレイは元々マーチンの専売特許ですからギブソンらしくないといえばギブソンらしくないですが、、、個人的には案外カッコいいと思います!何たって一目で自分の45って分かるじゃないですか(笑)。。作業自体は非常に丁寧で、ぱっと見には指板ごと交換したのかと思う程綺麗に処理されています。よくよく見ると、ドット・ポジを埋めた跡がうっすらと見えますが、まず気になるレベルでは無いでしょう。あと、アジャスタブル・サドルは妙に綺麗なので、オリジナルからリプレイス物に交換されているかも知れません。形状や材質自体はオリジナルと何ら変わりませんので、こちらも特に気になることは無いかと、、、艶ありセラミックって裏が抉れてるせいか、結構割れちゃうんですよね。。

改造歴はそんな程度で、その他は弾きキズや打痕、ウェザーチェックなどいくらかありますが、同年代の平均的なコンディションから考えると、相当綺麗なコンディションと言えるかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットもリフレットされてからまだ間がないようで、気になるような凹みも無く、充分な高さが残っています。

こんな過渡期的なスペックの個体は探そうと思って探せるものじゃありません!薄からず厚からずのネックをお探しの方に是非オススメです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:?5090-25