GIBSON J-45 CS 1962年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

アタッキーで爆発力のあるサウンド!!62年製ワン・リングJ-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は62年製の個体。一言で60年代ギブソンと括られることも多いですが、62年はまだワン・リングでPGも塗り込みの薄いピック・ガードなど、50年代J-45に準ずるスペックで、63年以降の厚ガードJ-45とはやはりサウンド面でも一線を画します!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、セラミック・サドル、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。アジャスタブル・サドルのセラミックは、62年後半までは艶ありのセラミック・サドルが使われていましたが、62年後半からは艶無しのセラミック・サドルに変わります。今回入荷の個体は艶無しの方のセラミック・サドル。同じセラミック・サドルでも下に凹みのある艶ありと、ソリッドな艶無しでは少しサウンド傾向も変わってくるところもまたギブソン・サウンドの面白いところですね!

そのサウンドはアタッキーで爆発力のあるアジャスタブル・サウンド!50年代に比べ、ネックの厚みが薄くなっている分、ローのゴンゴン鳴る感じは少し控えめになりますが、その分ハイの抜けの良さが強調され、トレブリーで開いたサウンドは攻撃力抜群です。とは言え、薄ガードならではの箱鳴り感はしっかり有りますので、ローの出も良く、全体的にボリューム感たっぷりなサウンドを響かせます。フラットピックで掻き鳴らせば、耳をつんざくような荒削りでトレブリーな豪快なラウド・サウンドをご堪能頂けます。フィンガーで爪弾けばしっかりと箱で鳴っている中低域に、アジャスタブル・サドルならではの艶やかで煌びやかな高音が絡み、充分なサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、この年代ならではのギブソン・アジャスタブル・サウンドを存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、年式なりの小キズや使用感、経年感やちょっとした修理歴などありますが、平均的なこの年代のコンディションから考えると、まずまずの美品コンディションと言えるでしょう。修理歴としてはまずボディー・トップのブリッジ下センター剥ぎ部が3cmほど口が開いて接着修理されています。まぁこちらはクラックという程の事でも無く、見た目も特には気にならないでしょう。また、ボディー・バックの6弦側の膨らみ部辺りに3cmほどと5cmほどのクラック・リペアーが有ります。しっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。表面上の見た目も僅かに白っぽく見えますが、5cmクラックの方は殆ど見た目にも判らずどちらもクラック修理としてはかなり綺麗で、ほとんど気にならないかと思います。この年代のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラックは、サウンドホールの上、下共に割れは無く、良好なコンディションを保っています。特殊なカポでも使っていたのか?ネック裏の5~9フレット辺りには1、6弦側に点々と塗装剥がれも確認出来ますが、こちらもビンテージとして考えれば、特に気になるようなポイントでは無いでしょう。その他にも全体的に小キズは散見出来、びっしりと細かいウェザーチェックに覆われていますが、トータルで判断すれば、この年式のビンテージとしてはかなり良いコンディションを維持しています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.8mm程度にセッティングされていて、プレイヤビリティーも申し分ありません。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはリフレットされてからまだ間がないようで、気になる凹みも無く充分な高さが残っています。

薄ガード期の60年代初期ものは最近では50年代と変わらない値段になってきました。このコンディションとサウンドでこの値段なら大納得間違いなしのお買い得な逸品かと思います!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:57268