GIBSON J-45 CS 1963年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

プラスティック・ブリッジの軽快で抜けの良いサウンド!!63年製J-45入荷です!! 

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45ですが、それぞれの時代のサウンドにはそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドを持っています。今回入荷は63年製の1本。レギュラー・ネックに薄ガード、アジャスタブル・ブリッジが特徴となりますが、64年以降の厚ガードとも明らかにサウンドが違い、50年代のレギュラー・ネックよりも軽やかに抜けるサウンドは、60年代初期のみの特徴と言えるでしょう。そして今回入荷の個体は、63年~64年初期頃までにのみ見られるイレギュラー・スペックのプラスティック・ブリッジ仕様。それにより、更に明るく抜ける感じが強調された、他の年式、仕様では味わえない唯一無二のサウンドを持つ1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、オリジナル・プラスティック・ブリッジ、オリジナル・セラミック・サドル、実測42.9mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。PGはこの年まで塗り込みの薄ガードです。チェリー・サンバーストがいい感じにフェイドしてオレンジ・バーストっぽくなるのもこの年式ならでは。見た目からカッコいいオーラびんびんの1本です!

サウンドは箱鳴り感のあるブライトでパワフルなバランスの良いサウンド!プラスティック・ブリッジならではのオープンなサウンドですが、ローもしっかり出ていて、ボディー全体を震わせます。そこにリバーブ感たっぷりなミドル、アジャスタブル・ブリッジならではのチリンチリンと艶やかなハイがミックスされ、心地よく抜けてくれるギブソン・アジャスタブル・サウンドをご堪能頂けます。フラットピックでかき鳴らせば、エッジ感のあるブライトで粗削りなザクザク・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けばアジャスタブル・ブリッジならではのリバーブ感たっぷりなサウンドが秀逸です!

楽器のコンディションは小キズや経年感などありますが、この年式のJ-45としてはキズはかなり少なく、トータルで見ればかなり綺麗なコンディションと言えるでしょう!ボディー・トップのPG脇と1弦側エンド部付近にクラックのように見える箇所がありますが、どちらも木の割れまでは達していません。PG脇のそれはPGが縮むのに引っ張られる形で木の表面だけが少し口を開いたような格好になっていますが、裏までは割れは達していません。エンド部付近のそれは、表面上のキズで塗装がチップしているだけで、木部の損傷はありません。プラスティック・ブリッジの変形も最小限でかなりいい状態を保っています。アジャスタブル・サドルは両端が少し欠けていますが、サドルの上げ下げや演奏上は何ら問題ありません。また、ボディー・サイドにジャックの増設があります。貼り付けのパッシブPUが付いていて、辛うじて音は出ますが、出力が非常に小さいので、正直ほぼ使い物にならないかと思います。エンドピンの位置にジャックを付けていた時期もあるようで、エンドピンはオーバー・サイズの物が付いています。その他は小さい打痕や擦り傷、うっすらとしたウェザーチェックなどありますが、ビンテージとして見て、取り立てて気になるような箇所は無いでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは綺麗にすり合わせされ、気になるような凹みも無く、高さもまだ充分に残っています。

最近では薄ガード期のJ-45は50年代並みの価格になってきました。。50を切った値段で買えるのも今のうちだけかと思いますよ!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:133757