販売済GIBSON J-45 Granadillo 2015年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

Gibson Showroom Tokyoのイベント用に用意された逸品!!2015年製のJ-45グラナディーロが入荷です!!

1942年に発売が開始されて以来、いつの時代も多くのミュージシャンに愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンのワーキング・ホースJ-45。発売から現在に至るまで、ギブソンの代表モデルとして、またアコースティック・ギターの定番中の定番として変わらぬ人気を誇るモデルです。今回入荷はGIBSON JAPANのTokyo Sowroomで開かれたイベント用に製作された1本。SIDE&BACKに稀少なグラナディーロが使われたカスタム・ショップ製の逸品です!

シトカ・スプルースTOP、グラナディーロSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド系指板&ブリッジ、ハンド・カーブド・スキャロップ・ブレーシング、実測44mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。指板&ブリッジ材はローズウッド系と書きましたが、赤みのある杢目からたぶんこちらもグラナディーロのような気がします。グラナディーロはメキシカン・ローズウッドとも呼ばれるインディアン・ローズウッドの代替材ですが、サウンド特性がハカランダに近いという事で人気の稀少材です。

そのサウンドはギブソンらしい荒削りなキラー・トーンながら、かなりエッジ感の強いパワフルなサウンド!SIDE&BACKがローズウッド系なので、マホSIDE&BACKよりも重厚なサウンドで、且つJ-45ローズウッドほどまとまりのあるサウンドでも無く、もう少しやんちゃで尖ったサウンドのイメージです。フラットピックで搔き鳴らせば、ゴンゴンと響くローにタイトでエッジ感のあるミドル、艶やかでブライトなハイが混然一体となり、かなり攻撃的な荒々しいギブソンらしいキラー・トーンを響かせます。フィンガーで爪弾いても、スキャロップ・ブレーシングの適度なサスティーンが加わった艶やかでエッジ感きつめのサウンドが得られますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルで、J-45ともJ-45ローズウッドとも違う、ダイナミックで存在感抜群のサウンドをお楽しみ頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、PG周りにいくつかやや目立つキズがありますが、その他は派手に目立つようなキズは無く、トータルで見れば美品と呼べるコンディションを維持しています。このモデル、元々はスモール・ガードだったと思われますが、現在は50年代ギブソンの柄に近い薄めのラージ・ガードに交換されています。スモールからラージに変わる間に、どうやらハミングバード型のPGを付けていた時期もあるようで、光にかざしてボディー・トップ表面を見てみると、ハミングバードのPGの形がうっすらと見えます。度重なるPG交換時に付いてしまったのか、PG下と1弦側ブリッジ横に米粒大の打痕が2つづつ、計4つの打痕がやや目立ちます。その他は極々小さいキズやスレ程度の擦り傷も散見出来ますが、上記4つの打痕以外は中古品として見て、まず気になるレベルでは無いかと思います。過去に、、といかたぶんオリジナル時にはPUが搭載されていたと思われますが、現在は外され、エンドピンはリプレイスメント用のエンドピンが装着されています。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いている程度で、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

アイスティー・バーストも渋い1本!人とは違うJ-45をお探しの方に大プッシュの逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:12755044