GIBSON J-45 Cherry Red 1968年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

コレクターズ・コンディション級の逸品!!ほとんど退色の無い鮮やかな赤が眩しいJ-45チェリー・レッド!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は1968年前後の一時期のみ生産されたいわゆるレア・カラー物の1本!ブラック・フィニッシュは斉藤和義さんの影響もあり、既に100万超えも当たり前になってきましたが、もう一つの人気カラー、チェリー・レッドはまだ手の届くコレクターズ・アイテムとして人気です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダAdj.サドル、実測40.4mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。レア・カラーのシースルー・レッドはほとんど退色が無く、新品時の鮮やかな色が綺麗に残っている貴重な個体です!

サウンドはザックザクのアジャスタブル・サウンド!アタック感の強いローにタイトなミドル、アジャスタブル・ブリッジ特有のチャリンとした艶のあるハイなどが混然一体となり、歯切れの良いカッティング・トーンを響かせます。一般的に60年代後半のナロー・ネックだと少し鼻詰まり感のあるサスティーンの短いサウンドになりますが、こちらの個体はアジャスタブル・ブリッジらしいアタック感の強さはありながらも適度なサスティーンも感じられ、バランスの良いサウンドになっています。実測40.4mmというナロー・ネックの中では気持ち幅広のネックにその秘密があるのかも知れませんね。フラットピックで掻き鳴らせば、歯切れが良くエッジ感の強いザクザクのカッティング・トーンが得られますが、フィンガーで爪弾くと、アジャスタブル・ブリッジらしいリバーブ感のあるサウンドに、適度なサスティーンが絡み、思いの外広がりのあるサウンドを奏でますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、この年代特有のクセの強いギブソン・サウンドを存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは上記の通り、塗膜の劣化、変色が少なく、キズの類も少ないかなりの美品コンディションを保っています!普通チェリー・レッドは日に当たり、段々と赤みが抜けていき、オレンジっぽい色になっている個体が多いですが、こちらの個体はケースから出される事が少なかったのか、オリジナル時の鮮やかな赤が綺麗に残っています。まぁ見た目は好みなので、退色したチェリーの方がカッコいいと思われる方も多いとは思いますが、退色の少ない鮮やかなチェリー・レッドは稀少です。

キズの類もこの年代のギブソンにしては極端に少なく、綺麗な状態を維持しています。ボディー・トップの6弦側指板脇に4mmほどのボツキズがあり、塗膜がチップしているのでやや目立ちますが、他が綺麗なだけに目立つだけで、この年式としては上等でしょう。ボディー・バックにはいくらかの擦り傷やバックル・キズなどもありますが、こちらも気になるほどの事も無いかと思います。ネックの2、3フレット裏には塗装の剥がれが確認出来ますが、こちらも年式から考えればかなりマシな方でしょう。ヘッドはあちこちぶつけ、角がいくらか凹んでいたり塗装がチップしていたりしますが、、、こちらも年式から考えればまぁ良い方じゃないかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さが残っています。

レア・カラー物自体なかなかお目に掛かれませんが、ここまで綺麗に色が残っている個体も珍しいと思います!綺麗な個体をお探しの方に是非オススメの保存状態の良い逸品です!

ケースは汎用のチップボード・ケースが付属します。

SN:500961