GIBSON J-45 Adj. 1957年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

 

貴重なアルミ枠アジャスタブル・サドルの個体!!パワフルに鳴る57年製J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷はそんなJ-45の長い歴史の中でも特に人気の高い50年代後半の1本!しかも個体数の少ないアルミ・チャンネル・アジャスタブル・ブリッジの貴重な1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、アルミ・チャンネル・アジャスタブル・サドル、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。アジャスタブル・ブリッジは1956年からオプションとしての生産が始まり、60年からレギュラー・スペックとなります。その為、50年代のアジャスタブル・ブリッジ仕様の個体は生産数も少なく、稀少なコレクターズ・アイテムとなっております。しかも今回入荷の個体は56年~57年の途中までしか存在しない、アルミの枠にデルリンのサドルが立ったスタイルのアジャスタブル・ブリッジで、大変稀少なレア・アイテムとなっております!

サウンドはアタッキー且つパワフルに鳴る50年代アジャスタブルならではのキラー・サウンド!アジャスタブル・ブリッジならではの高音のエッジ感はありますが、60年代アジャスタブルのチリチリとしたサウンドとはまた全然違い、ボディー全体で咆哮するド迫力のサウンドを響かせます。バウンバウンと腹に響く低音にギブソンらしいコンプの効いた中域、アジャスタブル・ブリッジならではのエッジ感と艶のある高音が混然一体となりパワフルで気持ちよく抜けるギブソン・キラー・トーンを存分にご堪能頂けます!フラットピックで掻き鳴らした時の心地よさは格別で、ザクザクバリバリとエッジ感のあるパワフル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いてもバウンドするような中低域に艶のある高音が絡み秀逸です!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感などありますが、各所きっちり調整されていますので、弾く為の楽器としてはばっちり調整が行き届いています。修理歴としてはトップに複数のクラック・リペアーがあります。まずこの年代のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラックは、サウンドホール上下共にありますが、しっかり接着修理されています。また、4弦のブリッジ下からエンド部までと、6弦側のエンド部から15cmほどのクラック・リペアーがあります。それぞれのクラックはしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目も少し黒っぽい筋には見えますが、サンバーストの具合と杢目の具合に上手く隠れてあまり気にならないかと思います。その他にはピッキングに因るサウンドホール周り及びPG周りの塗装の剥がれ、ボディー・バックにはバックルに因る塗装剥がれ、ネックのローフレット近辺にも塗装剥がれが確認出来ますが、これらは50年代ビンテージとしては極普通で取り立てて大騒ぎするような事でも無いかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセットアップしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは1~3フレットまでは新しいフレットに交換されていて、全体的にオリジナル時の8割程度の高さが残っています。現状凹んでいるような箇所もありませんので、今後長く使って頂くにも安心です。

サウンドもルックスも貫禄十二分の個体!アジャスタブル・ブリッジの個体の入荷は実に久しぶりですので、お探しだった方は是非お早めにご検討下さい!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:U9006-32