GIBSON J-45 CS 1967年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ザクザクとした小気味よいカッティング・トーン!!67年製J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は拓郎イヤーの1967年製の1本!残念ながらカラーはチェリー・サンバーストですが、ザクザクと切れのある「あのサウンド」を存分にご堪能頂ける1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダ・アジャスタブル・サドル、実測39.5mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。1966年の途中から67年の途中まで、わずか1年ほどしか存在しない、塗り潰しの顔料系のチェリー・サンバーストが目にも鮮やかな1本です!

そのサウンドはザクザクと小気味よいギブソン・アジャスタブル・サウンド!アジャスタブル・ブリッジ&ナロー・ネック期ならではの切れのあるコンプの効いたようなサウンドは、この年代のギブソンでしか味わえない唯我独尊的サウンドです。今回入荷の個体のサドルはハカランダですが、ハカランダ・サドル特有の音の詰まり感というか、、短めのサスティーンというか、、、はあまり感じられず、伸びのあるサスティーン充分なサウンドを響かせます。セラミック・サドルに比べて、ウッド・サドルの方がローの出は太くなりますが、こちらの個体もウッド・サドルらしいゴンゴンと腹に響くような低音にコンプの効いた中域、アジャスタブルらしいチリンとした艶のある高音が混然一体となり、バランスが良く且つ塊感のあるサウンドをご堪能頂けます!最近ではリプレイス用のアジャスタブル・サドルも各種素材で発売されていますので、色んなサドルを用意しといて、気分やその場の環境などでサドルを付け替えるのも楽しいかと思います!

楽器のコンディションは年式なりの経年感や、ちょっとした修理歴などありますが、キズの類は少なめで、まずまず綺麗なコンディションを保っています。修理歴としては、ボディー・トップの1弦側のエンド部から上に12cmほどのクラック・リペアー跡があります。他が綺麗なだけに少し目立ちますが、この年代のビンテージとしてはこのくらいのクラック・リペアーはまぁ普通かと思います。現在はしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。修理歴としてはそのくらいで後はこの年代のビンテージとしては上々のコンディションかと思います。ヘッド・トップの4弦ペグ・ポスト周りにくる~っと円状のキズがあり、不自然なキズなのでちょっと目に留まりますが、、キズ自体はホント表面上のキズなのでご愛敬という事で、、。その他は全体的にやや大ぶりなウェザーチェックが入っている程度で、ヘッドの角の潰れもほとんど無く、まずまず綺麗なコンディションと言えるでしょう。ペグはオリジナルはこの年代のみに使われていた日本製のオープン・バックのメタル・ペグから、同年代の2ライン・クルーソンに交換されています。3弦のペグ・シャフトが少し曲がっていますが、操作上は何ら問題はありません。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度のセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは一度摺り合わせされ、現状気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の7割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

いかにもアジャスタブル・ブリッジらしいサウンドながら、バランスよくラウドに鳴ってくれる個体です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:054134