GIBSON J-45 CS 1962年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

稀少なワン・リング&薄ラージ・ガード期の62年製J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45ですが、それぞれの時代のサウンドにはそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドを持っています。今回入荷は、個体数の少ない60年代初期、ワン・リング&薄ガード期の62年製。この年代特有のややダークに変色したチェリー・サンバーストが存在感をアピールする1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、艶ありセラミック・アジャスタブル・サドル、オリジナル・クルーソン・ペグ、塗り込み薄ラージ・ガード、ワン・リング・ロゼッタ、実測42.7mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ネックはレギュラー・ネックで、50年代ほどの厚みはありませんが、急に薄くなった60年、61年よりは気持ち肉厚で非常に握りやすいグリップ感です!

サウンドは箱鳴り感抜群の抜けの良いアジャスタブル・サウンド!50年代にも負けないような箱鳴り感があり、ネックにまでビンビン振動が伝わってきます!そこにアジャスタブル・ブリッジならではのチリチリとした倍音感が加わり、この時代のこのスペックでしか味わえない、心地よい抜けのアジャスタブル・サウンドをご堪能頂けます!ネック厚は50年代ほど厚くはないので、その分音はタイトでブライトなサウンドになり、アジャスタブル・サウンドのお手本のようなサウンドです(笑)。フラットピックで掻き鳴らせば、ブライトで荒削りなギブソン・サウンドがご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾いてもアジャスタブル・ブリッジならではの鈴の音色のようなサスティーンが得られ秀逸です!

コンディションは年式なりのキズや修理歴、やれ感などありますが、楽器としてのコンディションはきっちりと調整されていて、プレイヤビリティーは抜群です!この年代のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラックは、サウンドホールの上、下共にあります。現在はしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目的にもウェザーチェックに紛れてそんなに気にならないかと思います。そして1弦側のエンド部から上に向かってⅠ3cmほどのクラック・リペアー跡が有ります。がっちり接着され、裏からは板状の割れ止めが打たれていますので、強度的な心配はありませんが、見た目的にはやや目立ちます。その他は細かい傷やウェザーチェックなどもそれなりに在り、ネック裏はローフレットの方は塗装が剥がれ、そこに汚れが入りかなり黒ずんできている箇所もありますが、年式から考えれば取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。また、過去に何らかのPUをつけていたようで、エンドピンはオーバーサイズのリプレイスメント用の物が付いています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは綺麗に摺り合わせされ、気になるような凹みも無く、一番減っている箇所でもオリジナルの7~8割の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配もありません。

年々高騰を続ける60年代初期物。50オーバーも当たり前になってきましたので、お早めにご検討ください!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:79767