GIBSON J-45 CS 1966年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ザックザクのパーカッシブ・サウンド!!66年製J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45ですが、それぞれの時代のサウンドやスペックにはそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドとルックスを持っています。今回入荷は最もクセの強いとされる60年代ナロー・ネック期の1本。ナロー・ネック&アジャスタブル・ブリッジのお手本のようなパーカッシブなサウンドの1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダ・アジャスタブル・サドル、実測39.8mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。フィニッシュは66年途中から変わった鮮やかなチェリー・サンバースト。66年の途中までは、色が退色してレモン・バーストのようになる染料系のチェリー・サンバーストでしたが、この頃から丁度顔料系のチェリー・サンバーストに変わり、赤い部分は杢目が透けず、退色や変色のほとんど無いチェリー・サンバーストに変わりました。

サウンドはアジャスタブル・ブリッジのお手本のようなパーカッシブなサウンド!ブリッと音が立ち上がり、音の減衰の早い「いかにも」なサウンドです。コンプが効いたような独特のリバーブ感にアジャスタブル・サドルの高音のチリチリ感、ウッド・サドルならではのブリッとした低音などが混然一体となり、このメーカーのこの時期のギターでしか決して味わう事の出来ない唯一無二なギブソン・アジャスタブル・サウンドを響かせます。フラットピックでかき鳴らせば小気味いいくらいに切れの良いカッティング・トーンが得られますし、フィンガーで爪弾けば、サスティーンの短い音の分離の良いサウンドが得られます。

楽器のコンディションは年式なりの使用感や小キズ、改造歴等ありますが、トータルで見れば年式の割にはまずまず綺麗なコンディションと言えるでしょう。ボディーの方は、ボディー・トップの1弦側のお尻の方をどこかに強打したのか?セル・バインディングに沿って5cmほど塗装がチップした箇所をタッチアップした跡が有ります。まぁ他のキズがあまり無いので気になりますが、ビンテージとしては極普通の修正跡ですね。その他はボディー全体にびっしりとウェザーチェックが入っていますが、キズの類は極端に少なく、よくよく見れば相当綺麗な事に気付かれることと思います。ネック裏からヘッドに掛けてもウェザーチェックはびっしりと入っていますが、手触りはスムーズです。ぱっと見そんなに気になりませんが、1弦側のヘッドの先端は薄く木がチップしています。形状自体はほとんど変わってないので、まぁ気にならないかと、、、ペグはオリジナルはこの時期のみに使われていた日本製のオープン・バックから何度か交換されています。途中ロトマチックに変更していた時期も有るようで、ペグ穴は10mmに広げられています。現在はステップアップ・ブッシュを用いてゴトーの3連クルーソン・タイプに交換されていますので、見た目の違和感も無く、操作性もスムーズです。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は、アジャスタブル・サドルを目いっぱい下げた状態で12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.2mmほどあります。フレットはリフレットされてからまだ間がないようで、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

クセの強いアジャスタブル・サウンドをお探しの方に是非お試し頂きたい1本です!

ケースは汎用のチップボード・ケースが付属します。

SN:809339