GIBSON J-45 CS 1967年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

小気味よいザックザクのキラー・トーン!!67年製J-45!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45は、それぞれの時代のサウンドにそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドを持っています。今回入荷は67年製。ある意味では最もギブソンらしい、クセの強いナロー・ネック&アジャスタブル・ブリッジから繰り出されるサウンドは、多くのプレイヤーを魅了して止まないギブソンでしか出し得ない魅力溢れるサウンドをご堪能頂ける1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、牛骨アジャスタブル・サドル(リプレイス)、実測40mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。66年中盤から67年に掛けてのみ見られる透明感の無い顔料系のチェリー・サンバーストは退色する事が無く、いつまでも鮮やかなカラーリングを楽しませてくれます!

サウンドはギブソンらしい荒削り感と、気持ちよく音を跳ね返すアジャスタブル・サウンドが融合され、この年代のギブソン・ラウンド・ショルダーでしか味わうことの出来ない抜群のカッティング・トーンです!特に今回入荷の個体は、ネックリセットに因りネックの差し込み角が深い関係で、サドルがかなり上がっていますので、アタック感とキレがハンパなく、ザックザクと気持ちいいくらいに豪快なサウンドを響かせます。アジャスタブル・ブリッジ特有のチリチリとしたリバーブ感はあるものの、素材が牛骨に替わっている分、音の芯もそこそこ太めで、アジャスタブル・サドルらしい切れのあるサウンドながら、中低域の箱鳴り感も充分で、ハイからローまでデッドポイントの無いブライト且つラウドなギブソン・サウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感やちょっとした修理歴はあるものの、平均的なこの年代のJ-45のコンディションから考えると、まずまず綺麗な部類に入るコンディションかと思います。修理歴としては上記ネック・リセットの他にも、トップのクラック・リペアーが有ります。1弦側のPG脇のウエスト部分から下方に向けて8cmほどのクラック修理跡が有りますが、しっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。リペアー自体も恐らく日本人が手掛けたようで、仕事も丁寧に仕上げられていますので、表面上も一見ただのウェザーチェックに見えます。また、上記ネックリセットの際にネックの角度を付け過ぎたためか、オリジナルのハカランダ・サドルは加工され、現在のネック角でも普通に使えるように改造されています。ただ見た目があんまりカッコよくなかったので、こちらで牛骨性のサドルに載せ替えちゃいました(笑)。もちろん改造されたオリジナル・サドルも付属してますので、お好みで付け替え可能です。また、ボディー内部にアクティブ・タイプの貼り付け型PUが付けられています。コンタクト・タイプにしては割とちゃんとしたエレアコ・サウンドですが、やつぱりちょっとボワボワするかな~?、、その他はちょっとした打痕や弾きキズ、全体的にウェザーチェックなど入っていますが、ビンテージとして見て特に気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルは既にかなり上がっていますので、弦高を上げる方向にはあまり余裕がありませんが、、、弦高を上げたい場合はオリジナルのサドルの方に戻した方が良いかも知れません。フレットは全体的に減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6割程度の高さは残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

サウンド重視のプレイヤーに是非お試し頂きたいザックザクのキラー・トーンです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:050589